代々木公園に突如現れた気球が『首吊り気球』と話題に!見れるのはいつまで?

代々木公園に突如現れた気球が『首吊り気球』と話題に!見れるのはいつまで?

2021年7月16日の朝、突如として代々木公園に謎の大きな顔の物体が現れました…!

何も知らずにその物体を見た人は大きく動揺し、Twitterなどネット上では大騒ぎになりました。

その謎の物体の正体は人の顔をした気球だったのですが、一部では『首吊り気球』と呼ばれ、ホラーのような怖い印象を抱く人が多いようです。

その『首吊り気球』の詳細と、いつまで見れるのかをまとめてご紹介します!

『首吊り気球』が突如として代々木公園に出現!その詳細は?

 

『首吊り気球』が突如として代々木公園に出現!その詳細は?

 

2021年7月16日の朝、東京の上空に突如として謎の大きな女性の顔の物体が姿を現しました。

場所は代々木公園です。

何の前触れもなく突然現れた謎の物体に、多くの人がどよめきました。

 

 

『T.M. Revolution』の西川貴教さんは、この謎の物体を見て

 

朝起きたら代々木公園に女型の巨人いるんですけど… (;´༎ຶД༎ຶ`)<こ… 怖い…

 

と、漫画『進撃の巨人』に登場する”女型の巨人”に例えてツイートしていました。

このツイートを目撃した人は「何事?!」と大きくどよめき、Twitterをはじめとしたネット上で大きな話題を呼びました。

 

『首吊り気球』が突如として代々木公園に出現!その詳細は?

 

その謎の物体の正体は、大きな気球でした。

 

この気球は、現代アートチーム『目 [me]』によるプロジェクト「まさゆめ」というもののようです。

同チームに所属する荒神明香さんが中学生の頃に見た夢に着想を得ているそうです。

 

気球は実在の人物を模していて、この顔のモデルは2019年に世界中で募集した「顔候補」の中から選ばれたんだとか。

ですが、この人物にも選考の結果は誰にも知らされておらず、7月16日当日に代々木公園に突如浮上したことによって初めて自分が気球になったと分かるという結果になったのです。

 

『首吊り気球』が突如として代々木公園に出現!その詳細は?

 

プロジェクトチームによると、

 

「その顔はこのパンデミックの空から私たちを見返している。
まるで、この状況に加担しているのは紛れもない私たち自身であるというように。
《まさゆめ》は、この困難と向き合い続ける。
何かを見出すその時に向けて、どんな時も想像を続けそれを分かち合いたい。」

 

とコメントしていました。

不気味ですが、この気球が浮上したのにはちゃんと意味があったのですね。

 

スポンサーリンク

 

なぜ『首吊り気球』と言われるようになったのか?

 

なぜ『首吊り気球』と言われるようになったのか?

 

この一見不気味にも見えてしまう気球を目撃した人は、やはり第一印象として

「怖い…」

と思ってしまう人が多かったようです。

 

たしかに女性の顔は真顔だし、気球のサイズもかなり大きいのでこんなものが突如として上空から見えたら怯えてしまう人は少なくないですよね。

このあまりの怖さからか、一部では『首吊り気球』と呼ばれるようになったのですが、なぜ『首吊り気球』という異名がついたのでしょうか?

 

それは、こちらのツイートがきっかけでした。

 

 

この『首吊り気球』という異名は、漫画家の伊藤潤二さんが書いた漫画作品から来た名前だということが判明しました。

 

なぜ『首吊り気球』と言われるようになったのか?

 

伊藤潤二さんは、主にホラー漫画作品を執筆することを得意としており、これまで多くの漫画作品を残しています。

また、映像化されたこともあり、テレビドラマや映画化などもされています。

その作品の中に、『首吊り気球』があったというわけです。

 

ただ、ツイートの画像を見てもらうとわかりますが、やはりホラー漫画というだけあって怖いですよね…。

でも今回現れた気球と、伊藤潤二さんが書いた漫画とがあまりにも酷似しているので、伊藤潤二さんの作品を知っている方からしたら「漫画の再現だ」と思ってしまったかもしれません。

 

『首吊り気球』を見れるのはいつまで?

 

スポンサーリンク

 

『首吊り気球』の話題が盛り上がってから、多くの目撃情報が相次いでいます。

やはり不気味だけど、「怖いもの見たさ」がある方々は実際に代々木公園へ足を運び、見に行ったそうです。

 

 

このように実際に見物に行く人が増えているようですが、この『首吊り気球』はいつまで見れるのでしょうか?

 

調べてみたところ、この気球が見れるのは7月16日の20時頃までと予定されていることが分かりました。

なんと当日限りというとてもレアな展示だったのですね…!

 

まだ「予定」ということで確定はしていないようですが、現在も大きな注目を集めているのでもしかしたら東京だけでなく各地でこの気球が浮上するという可能性もなくはないかもしれないですね…!

 

突如として現れた謎の人物の女性の顔をした気球『首吊り気球』は、多くの人を動揺させてしまいましたが、しっかりと浮上させた理由もあることがわかりました。

このコロナの影響が少しでもおさまっていき、気球を見ることがないような世の中に戻るといいですね…!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です