アントニオ猪木の現在は難病との闘病中…!病名や病気の進行状況、今後についても

アントニオ猪木の現在は難病との闘病中…!病名や病気の進行状況、今後についても

「元気ですかー!」でお馴染みの元プロレスラー・アントニオ猪木さんが難病を告白しました。

現在アントニオ猪木さんは闘病しながらリハビリを続けているのですが、そのリハビリの様子が載った動画を見たファンは変わり果ててしまったアントニオ猪木さんの様子を見て大きく動揺していました・

現在アントニオ猪木さんが闘病している難病は『アミロイドーシス』という病名なのですが、その病気の詳細やアントニオ猪木さんの現在の進行状況なども詳しく解説していきます。

アントニオ猪木の現在が壮絶…!リハビリ動画で変わり果てた姿にファンが動揺

 

アントニオ猪木の現在が壮絶…!リハビリ動画で変わり果てた姿にファンが動揺

 

アントニオ猪木さんは、2021年の1月から腰の治療のため入院しているのですが、3月1日にアントニオ猪木さんご本人が載せた動画は、とても腰の痛みだけで闘病している様子とは思えないほど変わり果てた姿に見えてしまいました。

 

 

このように、アントニオ猪木さんは以前よりも痩せてしまい表情なども弱々しくなってしまったように見えてしまいます。

 

この様子にファンは

 

かつて燃える闘魂と言われたアントニオ猪木が細くなり老いを感じる
切ないな
変わってないと思っても過去の映像を見ると変わってる
え?アントニオ猪木さんって病気なの??
難病??え?どしたの??心の病??

とにかくリハビリ頑張って欲しい!
ワールドプロレスリンングで育った世代には いつまでもあなたはHEROなんですよ!猪木さん!!!
ダァ~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!

アントニオ猪木氏は・・・何があったのだ?
ずいぶんやつれて闘病生活しているようだけれど・・・

 

など、アントニオ猪木さんの変わり果てた様子に大きく動揺してしまっているファンが多いようでした。

 

今回入院している理由はあくまで腰を痛めたことからということなのでもうしばらくしたら退院できるのではないかと思いますが、実はアントニオ猪木さんはそれよりも以前に『アミロイドーシス』という重い難病を抱えていたのです。

 

スポンサーリンク

 

アントニオ猪木が闘病している『アミロイドーシス』って?

 

アントニオ猪木が闘病している『アミロイドーシス』って?

 

アントニオ猪木さんは、2019年秋頃に『心アミロイドーシス』という病気が発病したことを告白していました。

まず「アミロイドーシス」というものについてですが、アミロイドーシスとは、アミロイドと呼ばれる難溶性のタンパク質繊維が、心臓、肺、腎臓などのさまざまな臓器の細胞外に沈着し、臓器機能が低下して発病するものです。

その中でアントニオ猪木が発症した心アミロイドーシスとは、心臓の働きが悪くなり、悪化すると心不全にもつながる難病です。

予後は進行具合により大きく異なるため、早期診断・早期での治療が極めて重要だと言われています。

 

アミロイドーシスには、遺伝性のものと、非遺伝性のものがあるようです。

遺伝性のアミロイドーシスの多くは、トランスサイレチンというタンパク質の遺伝子異常を持つ人に生じ、血縁者にアミロイドーシスを発症した人がいる場合、この遺伝子を持つ可能性が高くなるようです。

ですが、非遺伝性のアミロイドーシスは、誰にでも発症する可能性があります。

 

アミロイドーシスの症状として挙げられる例としては、進行すると息切れや呼吸困難、夜間の呼吸が苦しくなるなどの症状が出ます。

治療を進めなければ、難治性の不整脈を引き起こし、心停止に至る場合もあるとのことなので、治療をしっかりとしなければ最悪死に至ることもあるという怖い病気なのです。

 

心アミロイドーシスの治療は、病型によって異なるのですが、アミロイドの沈着を抑制する薬の服用や、肝移植などの治療法があるようです。

 

アントニオ猪木が闘病している『アミロイドーシス』って?

 

心アミロイドーシスを発症したアントニオ猪木さんは、

 

「昨年、少し耳が聞こえなくなって病院にかかったんです。そのときにいろいろな検査をしてもらい、心アミロイドーシスという難病に罹っていることが判明しました。それが昨年の秋ごろです」

 

とコメント。

アントニオ猪木さんご本人によると、ここ数年息が苦しいと感じることや、階段で息切れを感じることがたびたびあったそうです。

それはあくまで老化が原因だと思っていたようですが、心臓の病気であることが発覚したのです。

 

「難病が分かってから振り返ると、私はだいぶ前から足が冷えやすくてね。いわゆる冷え性です。それと2年前に腰の神経の手術をして、車椅子生活だったときはむくみが酷かった。これらもアミロイドが原因だったんじゃないかな」

 

と考察していたのですが、アントニオ猪木さんはご自身が心アミロイドーシスにかかった原因は、遺伝が原因ではないかと疑っているようです。

 

「私の家族も心アミロイドーシスが死因だったのではないかと疑っています。うちの家系はみんな、心臓で逝っているんですよ」

 

アントニオ猪木さんの父親は56歳で亡くなっており、またアントニオ猪木さんの兄も2人とも心臓の病気が原因で亡くなったといいます。

亡くなった3人に共通することは、突然パタッと倒れてしまったということ。

いまとなっては心不全か心アミロイドーシスだったかも分からないということですが、実はアミロイドーシスという病気はここ数年で分かってきたことが多いものの、まだ解明されていない部分も多い病気です。

 

健康診断や人間ドックの受診が早期診断の第一歩となるので、定期的に健康診断を受けることをおすすめします!

 

アントニオ猪木の病気の進行状況や今後は?

 

スポンサーリンク

 

アントニオ猪木さんが今回リハビリ動画を載せたのは、あくまで腰の治療のためであることがわかりましたが、先に発症していた心アミロイドーシスの病気の進行具合も気になってしまうところです。

現在アントニオ猪木さんの病気の進行具合としては、詳しくは語られていないため現在の病状はわからないのですが、早期発見はできたようなので現在のアントニオ猪木さんの体の耐久性に合わせた治療が、現在治療している腰のリハビリと併せて行われているのではないかと思います。

 

アントニオ猪木さんは、昨年デビュー60周年を記念し会見を行い、「コロナが解禁になれば、もう1度、世界に飛び出していきたい」と語っていました。

コロナの状況が落ち着いていないということだけでなく、現在は腰や心アミロイドーシスとの闘病中だということもありすぐには難しいかもしれませんが、もし海外への行き来ができるようになれば再びアントニオ猪木さんは世界を飛び回りたいとコメントしていたので、また元気な姿を見せてくれることを祈るばかりですね…!

今後もアントニオ猪木さんを応援していきたいと思います!!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です