『うっせぇわ』のイラストレーターは誰?絵師の顔や性別・年齢も!

『うっせぇわ』のイラストレーターは誰?絵師の性別や年齢も!

Adoさんのメジャー1作目の楽曲ながらも、YouTubeでは再生回数1億回以上を突破し、音楽チャートでも1位を獲るという快進撃を続けている楽曲『うっせぇわ』がすごいことになっていますよね!

ボーカルを務めているAdoさんはものすごい注目を浴びていますが、MVで描かれている個性的なイラストも大いに注目されています。

今回は、その『うっせぇわ』でイラストを担当した絵師(イラストレーター)さんの名前や顔や性別、年齢など謎に包まれた素性をご紹介していきます!

『うっせぇわ』の絵師(イラストレーター)は誰?

 

『うっせぇわ』の絵師(イラストレーター)は誰?

 

個性的な歌詞や歌い方にうまく反映させた特徴的なイラストでその世界観を表現させている『うっせぇわ』ですが、やはり歌だけでなくこうした奇抜なイラストがあるからこそ、この楽曲はヒットしたのだと思います。

 

 

では、この素晴らしいイラストや映像を制作したのは一体誰なのでしょうか?

 

『うっせぇわ』の絵師(イラストレーター)は誰?

 

動画の冒頭部分を見ていると、

『vocal Ado』

『music syudou』

『movie WOOMA』

という3名の製作陣の名前が出てきますね。

この『movie』を担当したWOOMAさんという方が、このイラストを手がけた方というのが分かります。

WOOMAという名前ですが、読み方は「ウーマ」という読みです。

 

 

映像だけでなくイラストも手がけたのがWOOMAさんだということは、上のご本人のツイートからも分かるように、「キャラデザも担当した」という発言からわかりますね!

イラストだけでなく、こうした動画も編集できるなんてかなり凄腕の方な印象がありますが、一体どのような方なのでしょうか…?

 

スポンサーリンク

 

『うっせぇわ』の絵師・WOOMAは超絶かわいい?!顔や性別・年齢は?

 

『うっせぇわ』の絵師・WOOMAは超絶かわいい?!顔や性別・年齢は?

 

WOOMAさんは、これまで様々なアーティストの楽曲に合わせたイラストや映像を手がけてきたのですが、一体どのような方なのでしょうか?

 

調べてみたところ、WOOMAさんの素性について以下のことがわかりました!

 

WOOMAについて

【名前】WOOMA(ウーマ)

【性別】女性

【年齢】20歳前後(大学2年生)

歌手を務めたAdoさんが18歳というかなりの若さであるということにも驚かされましたが、WOOMAさんも年齢が20歳前後で現在大学生だということにもかなりの驚きですね…!

しかも、4月12日に放送されるカンテレ・フジテレビ系のバラエティ番組『所JAPAN』にWOOMAさんが出演することになったのですが、顔は隠しているものの雰囲気からして超絶かわいい雰囲気が溢れ出ていたのです…!

 

『うっせぇわ』の絵師・WOOMAは超絶かわいい?!顔や性別・年齢は?

 

この一番右の白い仮面をつけている方がWOOMAさんです。

テレビ初出演・初公開となるWOOMAさんですが、見るからに美人さんそうじゃないですか…?!

 

WOOMAさんは、実はこれまでメディアへの出演はすべて断っていて、女性ということ以外はいっさい秘密にしていたのですが、今回は「くっきー!が来てくれるなら」という条件で、初のテレビ出演が実現したようです!

他のメディアに断り続けている中での唯一の出演機会となるかもなので、これはかなりレアですね…!

 

『うっせぇわ』の絵師・WOOMAは超絶かわいい?!顔や性別・年齢は?

 

残念ながらWOOMAさんは、顔出しはNGのようなのですが、イラスト力がとても高いくっきー!さんが番組内で似顔絵を描いてくれたようなので、その全貌も気になりますね。

ですが、くっきー!さんはWOOMAさんのお顔を見て

「かわいい顔してるやんか」

と笑顔になっていたので、やはり思った通りかわいい人であることは間違いなさそうです…!

 

『うっせぇわ』の絵師・WOOMAの他の作品は?

 

スポンサーリンク

 

WOOMAさんの素性がけっこう分かってきたところで、よりWOOMAさんの作品が見たくなってきましたよね!

今回『うっせぇわ』でWOOMAさんを知ったという方は多いかと思いますが、実は既にWOOMAさんは色々なアーティストの楽曲のMVを担当されています!

 

WOOMAさんのイラストや映像がヒットするきっかけになったのは、『煮る果実』さんの『紗痲(shama)』という曲の担当をした時です。

公開されたのは2018年の10月頃です。

 

 

たしかに人物のイラストを見ていると『うっせぇわ』の人物によく似たテイストで描かれているのは分かりますが、やはり『うっせぇわ』の方がより画力も上がっているし、映像面では演出もさらに凝った作りをしているのがわかりますね。

 

『煮る果実』さんの楽曲とWOOMAさんの素晴らしい映像でヒットしたこの楽曲から、WOOMAさんはさらに『柊キライ』さんの楽曲のMVを手がけることになります。

 

 

この作品は2020年11月に公開されたものなのですが、たった2年間の間で格段にイラストの画力や映像の演出力がグンと上がっていますよね!

この楽曲も、再生数が600万回以上と、ものすごく多くの人に見られていて、楽曲製作者である柊キライさんだけでなく絵師であるWOOMAさんも大きく注目されるようになりました。

 

そして、Adoさんの歌う『うっせぇわ』を担当することになりました。

この『うっせぇわ』で今までにない絶大な注目を集めたAdoさん、WOOMAさんは共に様々なメディアから注目されています。

 

WOOMAさんは、現在多くのメディアからインタビューなどの依頼が来ているようですが、やはり顔出しがNGなので断り続けているようですが、先ほどもご紹介したように『所JAPAN』には出演したので、もしかしたら今後また別のかたちで何かのメディアに出演してくれる機会もあるかもしれないですよね!

今後のWOOMAさんの活躍に期待です!!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です