E-girlsが2020年で解散!理由やメンバーの今後は?

スポンサーリンク

2011年から活動を開始し、特に若い世代の男女から大きな人気を集めていたLDH所属のE-girls(イーガールズ)が、なんと2020年いっぱいで解散することを発表しました…!

これまでメンバーの脱退などもあった中でも活動を止めることなく行ってきていただけに、とても悲しい結果となってしまいました。9年間も活動してきたE-girlsが解散に至った理由は何だったのでしょうか?これまでメンバー間での不仲説もありましたが、やはりそのことも原因となってしまったのか…?また、今後のメンバーの活動はどのようになっていくのでしょうか。気になる動向をまとめました!

 

『E-girls』2020年で解散…その理由とは?

 

E-girls2020年解散

 

LDH所属アーティストの中でも特に人気の高いグループの1つだったE-girlsですが、なぜ来年2020年をもって解散することになってしまったのでしょうか?

その衝撃の解散発表がされた場は、12月22日に神奈川県のトレッサ横浜で行われた2020年第1弾シングル『別世界』リリースイベント内で発表されたのです。

2020年最初のシングルの発表ということで、きっとファンは2020年の新たなツアーなど明るい発表を心待ちにしていたはずです。なのにまさかの解散という電撃発表をされ、会場にいたファンからも大きな悲鳴が上がったようです…。

 

『解散』という言葉は、長く応援してきたファンにとって、本当に「辛い」という言葉だけでは言い表せないほど辛い発表です。
きっと納得いくファンなどいないでしょう。

では、なぜE-girlsは解散という道を選んでしまったのでしょうか?
その理由は、E-girlsからの公式発表文の中に語られていました。

 

 

E-girlsを応援してくださる皆様へ

この度E-girlsは、来年2020年いっぱいをもって約9年間の活動に終止符を打ち、それぞれの未来に向かい活動していくこととなりました。

佐藤晴美、坂東希、石井杏奈、山口乃々華はそれぞれ役者やモデルを、Happinessは新たに88risingとタッグを組み本格的に世界進出を目指し、武部柚那はアフロジャックが世界8都市で開催したオーディション合格メンバーと新たなユニットを結成、鷲尾伶菜はソロアーティストとしてデビューいたします。

突然の発表で驚かせてしまったと思いますが、この場を借りてメンバー11人の気持ちを皆様にお伝えさせていただきたいと思います。

2011年にE-girlsの活動がスタートし、私達がどんな状況にあろうと、いつもどんな時でも皆様が応援してくださったおかげで、夢にまで見た景色をたくさん見ることができました。

E-girlsは多くの出会いと別れを繰り返しながらも、メンバー同士で支え合い、そしてスタッフの皆さんと手を取り合い8年間頑張ってきました。

でも、いつからかメンバーそれぞれの中で、人生の次なる目標や夢が芽生えるようになり、その想いをメンバー同士で何度も話し合ってきました。
全員が同じ気持ちになれず意見がすれ違うこともありましたが、長い時間をかけてメンバー全員でたくさん考え、今回の決断をさせていただきました。

人生の中での大切な時間や青春をE-girlsと共にし、メンバーはもちろん、応援してくださる皆様には一生忘れることのない財産をいただきました。

心から感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございます。

来年の「E-girls PERFECT LIVE 2011→2020」が最後のツアーになりますので、2020年末までの一年間で、皆様への感謝や自分達の想いをメンバー全員で精一杯伝えたいと思います。

引き続き応援よろしくお願いします。

E-girls一同

 出典:E-girls 公式サイト

 

 

 

『E-girls』メンバーの今後について

 

E-girls2020年解散理由

 

上記の発表内容のように、今後のE-girlsメンバーの今後としては以下のようになっています。

 

 

佐藤晴美 / 坂東希 / 石井杏奈 / 山口乃々華→役者やモデルの道へ

Happiness (SAYAKA / 楓 / 藤井夏恋 / YURINO / 須田アンナ)→88risingとタッグを組み本格的に世界進出を目指す

武部柚那→新たなユニットを結成

鷲尾伶菜→ソロアーティストとしてデビュー

 

上記のように、それぞれが別々の道を歩むことになっているためHappiness以外はグループとして見れる機会はもうなくなってしまいます。

以前はE-girlsからメンバーが多く脱退してしまい、(記事:E-girlsから8人も脱退した理由は?新体制『E.G.family』メンバー一覧)新体制になりながらも精力的に活動していたように思われましたが、やはりこの大きな脱退ニュース以降シングルやアルバムなどのリリースは以前よりもペースが落ちてしまったし、もしかしたらこの2017年を境に解散の方向性も考えていっていたのかもしれませんね…。

でも解散理由はなんだかふわっとした内容で今後のメンバーの活動がメインになっている発表内容だったので、実際のところどうだったのかも気になるところです。

 

 

 

E-girlsメンバーは不仲だった?

 

スポンサーリンク

 

E-girlsはDream, Flower, bunnyなど色々なグループが集結したグループだけあって、やはりE-girsの中でも仲の良いメンバーとそうでないメンバーなども少なからずあったようには思います。

 

その証拠として、公式発表の中にも

いつからかメンバーそれぞれの中で、人生の次なる目標や夢が芽生えるようになり、その想いをメンバー同士で何度も話し合ってきました。
全員が同じ気持ちになれず意見がすれ違うこともありましたが、長い時間をかけてメンバー全員でたくさん考え、今回の決断をさせていただきました。

というように、意見のすれ違いも実際にあったと書かれています。

また、過去に脱退した元E-girlsメンバーがいじめをほのめかすような発言をしていたり、一時期は鷲尾伶菜さんの悪評が噂になったりもした時期もありました。

筆者も音楽活動をしていた経験があるのですが、この『意見のすれ違い』って不仲になる原因になりやすいんです。

なので、元々仲の良かったはずのメンバー間も、今後の活動を話し合っていく上で意見が合わないと「この人とは意見が合わないからやりづらい」って感じるようになり、実質不仲になってしまうようなことも十分にあります。

こういったことから、筆者の思うE-girlsの本当の解散理由としては、人気が下降気味になった中で今後の方針を話し合っていくうちにメンバー間の溝も深まっていってしまった…というところかなと思います。

 

どちらにしても、決まってしまった事実は変えられないので寂しいです。

E-girlsとしてメンバーを見れるのは「E-girls PERFECT LIVE 2011→2020」が最後となるので、2020年のツアーを目に焼き付けておきましょう。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です