アウトデラックス出演の加藤一二三が笑いの伝説を残す!?【動画】

スポンサーリンク

『将棋界のレジェンド』と呼ばれ、数々の勝負が伝説になっていくことで有名な加藤一二三さん(通称:ひふみん)。その加藤さんが出演するフジテレビの人気深夜バラエティ番組『アウト×デラックス』で今度は笑いの伝説を残しそうなくらいの話題を呼んでいます!その話題沸騰中の加藤一二三さんについての伝説の数々とアウトデラックスでの活躍の様子を動画と一緒にまとめてみました!

アウト×デラックスについての記事はこちらにもあります。(【画像】アウト×デラックスの後ろの人は誰?かわいい美女の正体!)

加藤一二三ってどんな人?

 

加藤一二三2

 

加藤一二三

【愛称】ひふみん、ピンさん、パウロ先生

【生年月日】1940年1月1日(76歳)

【出身地】福岡県嘉穂郡稲築村出身

【血液型】A型

【職業】棋士

【段位】九段

【師匠】釼持松二 九段

 

経歴と逸話(伝説)

加藤一二三さんは1954年(14歳7ヶ月)に史上最年少棋士・史上初の中学生棋士になりました。この記録は現在も破られていません。その時は「加藤一二三四段」と、漢数字の並びが話題になったそうです(笑)。加藤さんは順位戦で4年連続昇級し、18歳でA級八段になるという偉業を成し遂げ、さらに20歳で名人に挑戦するなど数々の大記録を打ち立て、「神武以外の天才」と呼ばれたほどの棋士になりました。

 

 

加藤一二三の伝説とは?

 

加藤一二三3

 

加藤一二三さんは2014年度をもって現役を引退しましたが、その長い現役時代に数々の伝説を残しています。

その伝説があまりにも多すぎるのでほんの一部の抜粋ですが、

 

・対局中にバナナを一房食べきる

・対局中に板チョコをばりばり食べる(特に好きなのは明治製菓のもの)

・三浦五段(当時)とクーラーのスイッチのオン・オフ争奪戦を繰り広げる

・ネクタイが長過ぎる。しかも自分ではまだ短いと思っている

・相手の後ろに立って盤面をのぞき込む。先後同型の時も反対側からのぞき込む。その時に長過ぎるネクタイが相手の頭にぶつかったこともある

・名人戦で詰みを発見して「ウヒョー!」と叫ぶ

・一分将棋中にもかかわらずトイレに立つ

・箱根の旅館で行われた米長先生との対局時、人口の滝の音が耳障りだったので「滝を止めてくれ」と要望し、止めさせた

 

他にも数多くの伝説があります。将棋の実力だけでなく対局中にも他の棋士にはないような突拍子もないことをやり遂げるあたり、さすがレジェンドと呼ばれるだけはありますね…!

 

 

アウトデラックスでの加藤一二三が面白すぎる!

 

スポンサーリンク

 

加藤一二三さんが『アウト×デラックス』に出演した歳、そこで放送された一部の伝説があまりにも話題になりすぎたためそれ以降は番組によく出演するようになり、そこでまたさらなる伝説を生み続けています。その天然ボケのような笑いが視聴者にウケたんでしょうね。

そこで番組側は加藤一二三さんに指揮者をさせたりオペラを歌わせたり、色んな企画を挑戦させているのですが、それが面白すぎてことごとく笑いの伝説を作り出しています!

今回は加藤一二三さんがオペラに挑戦した時の様子を動画でご紹介します(↓サムネイルクリックで動画リンクに飛びます)。

 

加藤一二三4

 

これは面白すぎてやばい…(笑) 今後も加藤一二三さんは新たな笑いのレジェンドを生み出し続けてくれると思います。今後のさらなる活躍に大いに期待です!

 

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*