詐欺容疑で逮捕された「美魔女」藤川千景は不倫していた!旦那や子供は誰?

スポンサーリンク

保育所を運営する会社「長谷川キッズライフ」の元主任の加賀谷高志容疑者(45)と共謀し、保育所開設に伴う費用名目で東京・豊島区の大手保育園運営会社から650万円をだまし取り、さらに加賀谷高志容疑者は総額2,000万円以上を騙し取っていたなどとして、警視庁捜査2課は6月16日、詐欺などの疑いで加賀谷高志容疑者と、その共謀者である”美魔女”として「藤川千景」の名前で女優として芸能活動している富田千景容疑者(45)ら2人を逮捕したと報道されました。45歳ながらその年齢からは想像できないほどの美貌の持ち主で男女問わず人気がとても高かったタレントさんでもあり、『有限会社ギャラリーアートギルド』を設立しギャラリーやサロンを開業、さらにデザイナーとしてオリジナルブランド『amorechika』をプロデュースしたりと多くの女性にも憧れられる存在だったのに、裏では詐欺を行っていたことが明らかになったという衝撃的な事件が起きました。さらに富田千景容疑者と逮捕された加賀谷高志容疑者とは不倫関係にあったようでそのことについても大きな話題を呼んでいます。今回はその「藤川千景」こと富田千景容疑者が詐欺容疑で逮捕された詳細や経緯と、富田千景容疑者の本当の旦那さんや子供が誰なのか、真相を探るべくまとめましたのでご紹介します。

 

詐欺容疑で逮捕された「美魔女」藤川千景とはどんな人物?事件の詳細

 

藤川千景

出典:藤川千景オフィシャルブログ

 

まずは、今回詐欺容疑で逮捕されたタレントや女優として芸能活動をしていた「美魔女」藤川千景さんのプロフィールから見ていただきましょう。

 

藤川千景

【本名】富田千景

【生年月日】1971年4月1日(45歳)

【出身地】栃木県栃木市出身

【身長】165cm

【体重】48kg

【スリーサイズ】B88 H60 W88 cm

【カップ】F

【卒業大学】武蔵野美術大学

【所属事務所】スターダストプロモーション(〜1997)

【職業】舞台女優、画家、画商

【趣味】英会話、油絵制作、アート作品のコレクション

【特技】アートパフォーマンス、ライブペインティング。若手絵画アーティスト発掘

 

藤川千景さんは1994年にミス日本に入賞し、1997年までスターダストプロモーションに所属します。女優として活躍しつつ、趣味であった美術の道も目指すためにアートディレクター北川フラム氏に師事。その後、芸能界からアート界へ活動へ重点を移しました。

2003年には『有限会社ギャラリーアートギルド』を設立し、ギャラリー、サロンを開業。そして2007年にはさらにデザイナーとしてオリジナルブランド『amorechika』をプロデュース。さらに2011年には「第2回国民的美魔女コンテストファイナリスト スリム美魔女賞」を受賞し、「美魔女」と呼ばれるようになったのです。

ちなみにこの「美魔女」という言葉は、光文社が発行するファッション雑誌『美STORY/美ST』による造語です。才色兼備の35歳以上の女性を指し、「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきています。

「美魔女」として人気番組『中居正広の金曜日のスマたちへ』や『ビートたけしのTVタックル』など多くのテレビ番組に出演しその美貌が絶賛されている一方で、情報番組に出演した際には自身の経営するアートなレストラン『ギャラリー&レストラン ピノチカ』を紹介し、実業家としての顔を強くアピールしていました。しかしそれだけでなく、藤川千景さん本人が更新するブログでは幼い娘の子育てをする母親としての様子もよく見られていました。

このように年齢からは想像できないほどの美貌が絶賛されているだけでなく、実業家としても成功しているということで多くの女性からは憧れの存在として人気を誇っていました。と、表向きには輝かしい人物のように映っていたのですが、実際の裏の部分ではその美しさからは想像できないようなことを行っていたようです。

 

 

「”美魔女”ではなく”魔女”だった」不倫に詐欺 藤川千景の恐ろしい正体

 

詐欺

 

先述のとおり、タレントとしてだけでなく実業家としても成功し、表向きには輝かしい人物のように映っていた藤川千景さんですが、裏ではその美しさからは想像できないような悪事を行っていたようです。

藤川千景さんは、事業の運営の為にその色気を武器に複数の男性に運転資金の調達を頼み、その色気にやられてしまった男性は彼女に事業投資のためのお金を出していたそうなのです。

また、藤川千景さんの知人の会社経営者男性によると「セレブっぽい振る舞いをする女性で、美しいものに対するこだわりが強かったけど、事業の運営は大変なようで、何かとカネの話をしてきていた」とのことで、「食事をご馳走したり出演舞台のチケットを買ってあげたりはしていたけど、投資話を断った途端に連絡が来なくなった」という、男性を自分に貢がせる為のものとしてひどい扱いをしていたようです。

一方、加賀谷高志容疑者は4年前に被害にあわせた会社である「長谷川キッズライフ」に入社し、その2週間前に千葉県柏市の家賃6万円ほどのアパートに越してきたそうです。近隣住民によると、派手な服装で焼けた肌の女性と一緒に暮らしているという情報がありました。きっとその派手な服装で焼けた肌の女性というのが、藤川千景さんなのでしょう。写真では肌が焼けているようには見えませんが、セレブっぽい振る舞いをするということから、服装が派手だったということからほぼ間違いはないと思います。

藤川千景さんが加賀谷高志容疑者といつどこで知り合ったかなどの詳細は不明なのですが、少なくとも2人は交際関係にあったようです。加賀谷容疑者は、周囲に藤川容疑者のことを「俺の奥さん」と呼ぶほど惚れ込んでいる様子だったという話があったようですが、その美魔女キャラクターがビジネス上でも役に立っていたからか、藤川千景さんの方は加賀谷容疑者を「ビジネスパートナー」と呼び、交際を隠しがちだったようです。

もしかしたらこの逮捕された加賀谷高志容疑者も藤川千景さんの美貌と色気に騙され、藤川さんの経営する会社の運営のために資金調達をしようとしていたのではないでしょうか。少なくとも加賀谷高志容疑者は藤川千景さんとは大きく格差があるような一般会社員にしか見えません。そのため、藤川千景さんに貢ぐとしてもすぐに大金を用意できるわけがありません。そこで多額な資金調達をするために自分の会社から現金をだまし取ってそのお金を藤川千景さんに渡していたのでしょう。

ちなみにそのだまし取った金は、大半が藤川千景さんの経営する美術品販売会社の運営資金や調度品の購入に使われていたそうです。

加賀谷容疑者は容疑を認めていますが、藤川千景容疑者は「一切関わっていません」と否認しているようなのです。これはつまり、藤川さんからしたら自分が受け取ったのは加賀谷容疑者から受け取った「お金のみ」なので、実際にお金をだまし取ることには関わっていないという意味で容疑を秘認にしているというのがこの事件の真相だと思われます。

 

 

加賀谷高志容疑者と不倫…「美魔女」藤川千景の本当の旦那や子供は誰?

 

スポンサーリンク

今回の事件の詳細について詳しく調べたところ、加賀谷高志容疑者と藤川千景容疑者は交際関係にあり、藤川千景容疑者の方は加賀谷高志容疑者と不倫をしていたとの情報がありました。その件について藤川千景さんの容疑者の実家を報道陣が電話で直撃したところ、父親から驚きの答えが返ってきたそうなのです。

「加賀谷さんは3,4年ほど前に結婚のお願いに来ました。マジメそうに見えましたが、『医者をやっている』『海外で成功している』などと話し、うさんくさい感じがしました。孫と歩いている時は孫を置いて100メートル先を行き、『この人はダメだ』と思いましたね。娘とはあまり立ち入った話をしていないので、詳しいことは分かりませんが、だまされていたという感じは否めません」

(出典:livedoor NEWS)

 

旦那さんと離婚したのは「数年前」という情報だけではっきりとはしませんでしたが、もしかしたら離婚前から加賀谷容疑者とは不倫していたのではないでしょうか。しかし、それが事実であったとしたら藤川千景容疑者の旦那さんは誰なのでしょうか?また、藤川千景容疑者は逮捕されてしまいましたが、残された子供はどうなってしまうのでしょうか…。

関係者によると、藤川千景さんは2009年に結婚し娘が生まれたのすが、数年後に離婚。バツイチとなった現在は、港区南麻布にある家賃20万円超の高級マンションに娘と2人暮らしをしているそうです。

そして離婚した旦那さんについてですが、調べても有力な情報が出てこず、唯一情報があったのは藤川千景さんのブログ内で「旦那は家のこと(家事)もよく手伝ってくれる」ということだけでしたので、どんな方かまではわかりませんでした。

また、唯一の娘さんは現在6歳で、名前は朱雀ちゃんというようです。まだまだ幼く親の教育が必要な年齢である上に藤川千景容疑者も子供はちゃんとかわいがっていたようなので、残された朱雀ちゃんが本当にかわいそうですね…。

自分はあくまで金を騙し取ったことまでに加担していないということで容疑を否認している藤川千景(=富田千景)容疑者ですが、少なくとも自分の経営する会社の運営資金として複数の男性から金を受け取ったいた事実は変わりません。「美魔女」ではなく本当に「魔女」だった藤川千景容疑者の今後の容疑はどのように進展していくのでしょうか。

 

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*