『チケット高額転売防止声明』はヤフオクやチケキャンを止められるのか?

スポンサーリンク

2916年8月23日、関東圏・関西圏・中京圏の朝日新聞や読売新聞の朝刊に、コンサート・ライブチケットの高額転売取引についての問題に触れ、その防止を求める意見広告が大々的に掲載された。チケット高額転売問題については今に始まった問題ではないし各大物アーティストなども転売の防止を呼びかけてはきたが、今回は「日本音楽制作者連盟」「日本音楽事業者教会」「コンサートプロモーターズ協会」「コンピュータ・チケッティング協議会」の4団体が、国内アーティスト116組と国内音楽イベント24団体とともに大々的にチケットの高額転売を防止する呼びかけを行った。チケットの転売は主に「Yahoo!オークション(通称:ヤフオク)」や「チケットキャンプ(通称:チケキャン)」などで今なお盛んに行なわれているが、果たして今回掲載された「チケット高額転売取引問題の防止」を求める共同声明はヤフオクやチケキャンなどでの転売を禁止させられるほどの力を持つのだろうか?その声明内容について詳しく探る。

 

「チケット高額転売取引問題の防止を求める共同声明」の内容や賛同アーティストは?

 

チケット高額転売防止

 

2016年8月23日の関東圏・関西圏・中京圏の朝日新聞や読売新聞の朝刊にて、チケットの高額転売取引についての問題に触れ、その防止を求める意見広告が大々的に掲載されたことについて、新聞紙だけでなくホームページでも転売防止のための取り組みを大きく取り上げている。

 

今回チケットの高額転売防止について「日本音楽制作者連盟」「日本音楽事業者教会」「コンサートプロモーターズ協会」「コンピュータ・チケッティング協議会」の4団体が、国内アーティスト116組と国内音楽イベント24団体の賛同を得て大々的に新聞に掲載した内容を見ていただきたい。

 

 

【私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します】

 

コンサートのチケットを買い占めて不当に価格を釣り上げて転売する個人や業者が横行している現状に、私たちは強い危機感を持っています。これらの組織的・システム的に買い占めるごく少数の人たちのために、チケットが本当に欲しい数多くのファンに手に入らないことに強い憤りを感じています。転売サイトで、入場できないチケットや偽造チケットが売られるなどして、犯罪の温床となっていることにも憂慮しています。

また、私たちアーティストがあずかり知らないところで自らのライブのチケットが高額で転売されることで、ファンは高い金額を払って大きな経済的負担を受け、何回もコンサートを楽しめたり、グッズを購入できたであろう機会を奪われています。

このように、すべての弊害が音楽を愛するファンに及んでいる状況を放置しておくべきではないと私たちは考えています。

イギリスでもレディオヘッド、ワン・ダイレクション、コールドプレイ等がチケット転売を防ぐための活動をしています。
日本の音楽業界でも、ファンがチケットを適正な価格で売買できるシステムを作り始めていたり、ネット上のダフ屋行為を取り締まれない現行法規の改正を政府や自治体に対して訴えています。

ファンから音楽を楽しむ豊かさを奪う、この「チケット転売問題」について、皆様にもぜひ一度お考えいただきたいと思います。

(出典:https://www.tenbai-no.jp/)

 

そして、これに賛同した国内アーティスト116組と国内音楽イベント24団体は以下のとおり。

 

【賛同アーティスト(50音順)】aiko / ASIAN KUNG-FU GENERATION / amazarashi / 安室奈美恵 / 嵐 / [Alexandros] / 家入レオ / いきものがかり / VAMPS / UVERworld / A.B.C-Z / Every Little Thing / m-flo / 小田和正 / GACKT / the GazettE / KAT-TUN / KANA-BOON / 華原朋美 / 関ジャニ∞ / 岸谷 香 / Kis-My-Ft2 / 吉川晃司 / KICK THE CAN CREW / きゃりーぱみゅぱみゅ / KinKi Kids / 倉木麻衣 / GRANRODEO / クリス・ハート / GReeeeN / GLAY / KREVA / ゲスの極み乙女。 / ケツメイシ / 倖田來未 / 郷ひろみ / ゴールデンボンバー / ゴスペラーズ / コブクロ / 近藤真彦 / THE YELLOW MONKEY / 斉藤和義 / サカナクション / サザンオールスターズ / さだまさし / The Birthday / the HIATUS / the pillows / THE BAWDIES / THE ALFEE / THE ORAL CIGARETTES / Zeebra / ジャニーズWEST / ジャニーズJr. / JAM Project / スキマスイッチ / スピッツ / 聖飢魔II / Sexy Zone / 高橋真梨子 / 竹内まりや / タッキー&翼 / TUBE / 手嶌 葵 / DEPAPEPE / 10-FEET / 東方神起 / 怒髪天 / TRICERATOPS / Dragon Ash / DREAMS COME TRUE / AAA / ナオト・インティライミ / 中島みゆき / 長渕 剛 / 西野カナ / NEWS / Hi-STANDARD / 秦 基博 / back number / Perfume / 浜崎あゆみ / 浜田省吾 / B’z / 氷室京介 / ファンキー加藤 / 福山雅治 / 藤井フミヤ / flumpool / BREAKERZ / プロジェクトラブライブ! / Hey! Say! JUMP / BABYMETAL / 星野 源 / ポルノグラフィティ / My Little Lover / 松任谷由実 / MAN WITH A MISSION / MISIA / Mr.Children / May J. / May’n / MONGOL800 / 山崎まさよし / 山下達郎 / 山下智久 / 遊助 / YUKI / ゆず / UNISON SQUARE GARDEN / ユニコーン / RADWIMPS / L’Arc-en-Ciel / LiSA / lecca

 

【賛同イベント(50音順)】Animelo Summer Live / ARABAKI ROCK FEST. / AIR JAM / Augusta Camp / 京都大作戦 / JOIN ALIVE / 情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA / SWEET LOVE SHOWER / テレビ朝日ドリームフェスティバル / TOKYO&OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL / TREASURE05X / NANO-MUGEN FES. / NUMBER SHOT / KNOTFEST JAPAN / 母に感謝のコンサート / VIVA LA ROCK / FUJI ROCK FESTIVAL / MONSTER baSH / RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO / RUSH BALL / RADIO CRAZY / ROCK IN JAPAN FESTIVAL / WILD BUNCH FEST.

 

 

『チケット高額転売防止声明』は、チケットを売ること自体できなくなるということなのか?

 

チケット転売目的

 

この『チケット高額転売防止声明』を読むと、転売ヤーによる不当なチケット大量を防ぐための呼びかけであること、そしてチケットの高額転売の防止するためにも、現行法規の改正を政府や自治体に訴えていると書いてある。

つまりこれは、今後転売ヤーたちによる高額転売を禁止するということだけでなく、転売自体ができなくなるということなのだろうか?

 

チケット転売(ダフ屋行為)は青森県、山形県、京都府、鳥取県、山口県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県以外では迷惑防止条例違反となり、刑事罰の対象となるので犯罪となる。

また青森県、山形県、京都府、鳥取県、山口県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県でも物価統制令違反で犯罪となる。

実際、これまでにもチケットの高額転売によって逮捕された例も多々あるのだが、では「とある事情でコンサート・ライブまたはイベントに行けなくなったのでチケットを売る」という行為と「転売目的でチケットを売る」という行為はどこで線引きされるのだろうか?

 

これは微妙なところだが、「転売自体が犯罪」というわけではなく、「犯罪となるのがチケット転売」だというところに注意したい。

 

だが、チケットの転売も明らかな転売目的ではなく、「本来は行く予定だったが、急な予定変更などの事情でコンサート・ライブまたはイベントに行けなくなったのでチケットを売る」という明らかな転売目的でないならば逮捕されるということはない。

犯罪となり逮捕される可能性があるのは、あくまで転売目的でチケットを大量購入し、高値で販売するという行為が犯罪になるのだ。

 

しかし、今後のこの「高額転売防止の共同声明」の動きがどのように反映されるかによっては、高額転売だけでなく、転売自体が禁止になるという可能性もなきにしもあらずなので、そこは注意しておきたい。

 

 

『チケット高額転売防止声明』はヤフオクやチケキャンを止められるのか?

 

スポンサーリンク

 

現在も、コンサート・ライブや音楽フェスなどのイベントチケットの転売はヤフオクやチケキャンなどで盛んに行なわれている。

実際にヤフオクでは、上記の『チケット高額転売防止声明』に賛同したアーティストのチケットはやはり人気なので定価よりもかなり高い値段で取引されているし、チケキャンはヤフオクのように値段がどんどん上がるということはないものの、提示額が定価よりも高額で売っている個人や業者と思われる者も存在している。

 

8月23日に掲載された『チケット高額転売防止声明』の内容は、あくまで「今後チケット高額転売の防止に向けてさらに動きを強める」といった呼びかけだけなので、「転売は法律で禁止する」といった発表とは違うので、今すぐにヤフオクやチケキャンをはじめとしたチケット転売サイトやネットオークション、またSNSでの個人間売買、金券ショップ等で一切チケットは買えないというわけではない。

しかし、実際に現行法規の改正を政府や自治体に訴えているとのことなので、今後もしチケットの転売行為自体が法律で禁止されるようなことがあれば、ヤフオクやチケキャンだけでなくSNSや金券ショップなどでチケットを売ったらその場で犯罪となるだろう。

 

このチケット高額転売の問題については以前から取り上げられてはいたが、実際に逮捕者が出てはいるものの完全には取り締まれてないのが現状だ。

純粋なファンがダフ屋などからチケットを買わざるをえないという状況を少しでも減らすためにも、この『チケット高額転売防止声明』の動きが少しでも強まって高額転売を防止できれば、音楽業界の不況も少しずつ回復する兆しが見えてくるのではないかと思う。

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*