舛添都知事と同類?安倍首相の海外出張費88億円・外遊40回の真相は?

スポンサーリンク

政府は31日の閣議で安倍晋三首相の出費についての報告をしたのですが、なんと安倍晋三首相が2012年12月の第2次政権発足以降にこれまで41回の海外出張を行い、うち決算または精算済みの40回分の費用はなんと総額約87億7400万円に上ったとする政府答弁書を決定しました。安倍首相の40回分の外遊は1回でも億単位というかなりな額になっているのですが、このあまりの多額の出費にネットからは「舛添要一都知事と同類だ」と非難を浴びています。果たしてこの安倍首相の海外出張費88億円と外遊40回というこれらの出費は妥当なのでしょうか?また、この出費は舛添要一都知事のように不当に政治資金を使っての出費なのでしょうか?真相を探るべく詳しく調べてみました。

安倍首相についての記事はこちらにもあります。(【動画】安倍首相が消費税の増税を2019年に再延期!理由や影響は?)

 

舛添都知事と同類?多額すぎる安倍首相の外遊・海外出張費

 

安倍首相

 

安倍晋三首相は2012年12月の第2次政権発足以降からこれまでに41回の海外出張を行い、うち決算または精算済みの40回分の費用が総額約87億7400万円に上ったと5月31日の閣議で報告されました。

この報告された答弁書によると、安倍首相はこれまでに延べ92カ国・1地域を訪問。訪問日数は計204日、随行人数は延べ4643人だったことを発表。1回当たりの最高宿泊額と宿泊先は「警備上、外交上の観点」から明らかにされませんでした。

また、首相外遊の1回の平均費用は約2億1900万円であると発表されました。答弁書は、首相外遊について「国益確保とともに、国際社会の平和と安定の寄与に指導力を発揮することは大きな意義がある」と説明し、「節約に努めており、経費は適正」と強調していたようです。

 

このニュースにTwitterをはじめとしたSNSのユーザーの方々からは

 

「何が適正だよ。舛添のことを言えた義理か!」

「早く辞任しろ!バカ!」

「結果を出せば必要経費。出なければ舛添氏と同等」

「舛添なんか可愛らしいもの。安倍晋三の旅費88億円こそ問題にすべきだろう。」

「舛添とは違う。安倍さんの精力的な海外訪問は評価されるべきもの。」

 

など、これだけではなく本当に様々な意見を述べられていました。そこで目立ったのは、やはり今も大きなスキャンダルとなっている舛添要一都知事の件との関連性ですよね (舛添都知事についての記事はこちらに詳しく書いてあります。→「舛添要一都知事が連発していた「第三者」って誰?辞任の可能性は?」)

政治家による政治資金の不当出費の疑惑が絶えない中、ここにきて今度は安倍首相が88億円もの海外出張費として出費していたとの報告があり、国民の中には憤りを隠せない方々もいます。

当然日本の代表として外交のために海外に出張する機会は他の国内の議員に比べると圧倒的に多い安倍首相ですが、この出費は果たして本当に適正といえる額なのでしょうか?

 

 

安倍首相の外遊・海外出張費88億円は妥当なのか?

 

安倍首相2

 

やはり「88億円」というあまりにも巨額の出費だけを見てしまうと、どうしても「自分たちの納めた税金を1人こんなに使っているのか!」と文句を言いたくなってしまうと思うのですが、ここで改めて報告されたことをよく見て考えてみましょう。

1回当たりの最高宿泊額と宿泊先については明らかになりませんでしたが、首相はこれまでに延べ92カ国・1地域を訪問しています。訪問日数は計204日、随行人数は延べ4643人で総額が約87億7400万円ということでした。これを述べ人数・述べ日数で割ると、人・日あたり9263円になります。もちろん毎日外遊してるというわけではないので適切な算出方法かといえばそうではないかもしれないのですが、例としてこうして算出してみるとそこまで不当なほど出費をしているのかというと、一概にそうは言えない結果になりますよね。

比較されてしまっている舛添要一都知事に関して言えば、これまでヤフオクでの美術品の購入や公用車を使用しての旅行、また喫茶店での多額すぎるといえる出費や食費・家族旅行費など怪しいと思えるほど不思議な出費が多々ありますが、安倍首相のこの海外出張費・外遊に関して言えば、まだ詳細が明らかになっていないだけなのかどうかはわかりませんが、日割りなどの額などを算出したりこれまでの出張や随行人数など、それらを考えるとおそらく本当にこれだけの費用がかかってしまうのではないかと思われます。

ニュースの概要と金額だけに目を向けてしまうと「安倍首相も舛添都知事と同じことしてるの?」と感じてしまうと思いますが、落ち着いてよく見てみると、実は驚くべきほどのニュースではないかもしれないと思えるはずです。

 

 

安倍首相は外遊によって成果を出している?

 

スポンサーリンク

 

日本で大きな話題となったのは、やはり8年ぶりの日本開催となった「伊勢志摩サミット」ですよね。

この伊勢志摩サミットは、日本をはじめ米国・英国・フランス・ドイツ・イタリア・カナダの7か国(G7)の首脳並びに欧州理事会議長及び欧州委員会委員長が参加して毎年開催される首脳会議で、サミットでは海洋安全保障や世界経済、テロ対策、難民問題、保健分野や女性活躍などを議題としていました。政府関係者は2016年が始まった1月には、今年前半の外交日程について「伊勢志摩サミットを中心に組み立てる」と強調していたこともあり、サミットに向けて必要な準備を整えてきました。また、安倍首相自身もサミット開始前に参加国である各国を個別に訪れ、サミットで望ましい成果を得られるように腹を割って話すために海外出張を積極的に行っていました。

今回のサミットについての安倍首相の外遊の理由や狙いを例にあげますが、G7は、機動的な財政出動も辞さないということで各首脳が一致できるということが最大の目標でした。その財政出動は、要するに安倍首相にとってみれば、結果的には消費増税の延期の根拠にできればいいなということだったと思います。

安倍首相のサミット参加は第1次政権時を含めて今回で5回目なのですが、各首脳らとの親睦も深まり、意思疎通が良好になっているようです。そのように親睦が深まったのも、やはり安倍首相の海外出張で各首脳らとしっかりコミュニケーションをとったことが成果に出たからだということがいえるでしょう。

また、今回安倍首相があげた他の外交での成果として特に大きかったのが、アメリカオバマ大統領の広島訪問でしょう。外務省幹部によると、この成果は「やはり安倍政権が長く続いていることが外交に与える影響は大きい。そうじゃないと、オバマ氏が広島を訪問するわけがない。安倍政権が安定していて強いから訪問が実現した。」と指摘していたようです。

このように、安倍首相の外交は他国の首相らと親睦を深めるためにしっかりと成果を出していることや、また4月に起きた熊本での地震を受け、熊本訪問のために外遊を短縮していたという動きも見せていました。

こういったこれらの安倍首相の動きをよく見ていると、この海外出張費や外遊40回というのは必要経費だったと捉えることもできるかと思います。

たしかに私たちからは想像もできないくらいの巨額な出費ですが、やはり国の代表として各国との親睦を深めていくにはこのくらいの出費は必要なのですね。

ということで、安倍首相は舛添要一都知事と同類ということではなく、安倍首相の巨額の海外出張費・外遊40回分の経費使用については舛添要一都知事の政治資金不当使用とはまた別物だということを認識してもらえたらいいなと思います。

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 五山 孝治 より:

    これは多いですね!首相だから当たり前と思ってもちょっと大金ですね一回で2億2千万は少し??多い!!!
    本音は任期中に海外に沢山行っておこうと半分遊びですよ国民信用しているから使うんですよ!民進党はこんなに使わんですよ国会で追及の価値がありますね!ああこれは重大です。安部は何を考えてるだろう?

コメントを残す

*