【予告】スターウォーズ エピソード8のあらすじや日本公開日は?

スポンサーリンク

ジョージ・ルーカスの代表作でもあり世界的大ヒットのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズ。そのエピソード7である『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がついにDVDとブルーレイ(Blu-ray)ディスクで5月4日に発売されます。映画を見逃してしまった人だけでなく、映画で何度も見たけど家でも何度も見たいスター・ウォーズファンには待ち遠しいですよね!そして次に気になってくるのは、エピソード8のストーリー展開の詳細や日本での公開日がいつになるのか…。さらに、監督もエピソード7と異なるようですがそれはどんな監督なのか?そんな気になるあらすじや監督・公開日についてを予告映像と共にまとめました!

 

スター・ウォーズ エピソード8の監督は前作と違う?

 

ライアン・ジョンソン監督

 

去年公開されたエピソード7である『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ではJ・J・エイブラムス監督が担当したのですが、エピソード8(仮題)で監督を担当するのは『BRICK(ブリック)』や『LOOPER/ルーパー』などで知られているライアン・ジョンソン監督で、監督だけでなく脚本も務めることや、既にエピソード9の監督をすることも決まっているようです。ちなみにエピソード7で監督を担当したJ・J・エイブラムス氏は、今作では製作総指揮を務めるようです。

ライアン・ジョンソン監督と彼のチームは、エピソード8の製作準備としてインスピレーションを得るために色々な映画を見ていて、様々な古い作品を参考にしながらも「いかに新しいものを作るか」というところに重点をおいているようです。

製作総指揮のJ・J・エイブラムス氏は、WIREDが行ったインタビューで、エピソード8の脚本は今後書き直しなどの修正の可能性があるにしても既に脚本は完成していると発表しています(出典:J.J.Abrams interview)。さらに今後のストーリー展開についてもライアン・ジョンソン監督やプロデューサーのラム・バーグマン氏とも話し合いを重ねていることを明かしました。J・J・エイブラムス氏はエピソード7の監督をしていたので、ライアン・ジョンソン監督にエピソード7の製作過程を見せることでエピソード8やその先のエピソード9のストーリー展開とうまく噛み合うようにしているのでしょうね。

 

 

エピソード8のあらすじは?

 

エピソード8ストーリー

出典:Adventurouskate.com

 

J・J・エイブラムス氏に代わり新たな監督が決まり、既に脚本も完成しているということで、エピソード8の撮影は既に始まっているようです。そんなエピソード8のあらすじはどのような内容になっているのでしょうか?エピソード7が公開される前は、公開ギリギリまで予告編やあらすじなどがほとんど公開されず、かなりの厳戒態勢をとられていましたが、今回は既に予告編動画が上がっているらしいです。その最新映像を見てみましょう。

 

 

いかがでしたか?エピソード7の最終シーンになったルーク・スカイウォーカーとレイが対面したシーンが少し映し出されたので、エピソード8の冒頭はそこから始まるのだとは思いますが、予告編というよりは「製作・撮影が始まりましたよ」ということだけの動画に終わっています。これではがっくりしてしまいますよね…。ということで、何か他に予告編が見れる動画はないものか探してみたのですが、やはり公式動画ではなくファンが作ったとされる『予想の予告編動画』として載っているものしか見つからなかったので信頼性に欠けてしまうものしかありませんでした。ほぼ確実だと思われるあらすじはあるのですが、予告映像がなくても何かどこかから出ている他の有力情報はないかと思いさらに詳しく調べてみたところ、いくつか出ている情報が出てきたのでまとめました。

 

【ほぼ確実に予想できるあらすじ】

あらすじについてもまだ憶測の部分が大きいので確実には言えませんが、ほぼ確実に予想がつく部分もあります。それは、「ルークの空白の30年の謎や、ルークとカイロ・レン、そしてレイとの関係が明かされる」ということと、かつてエピソード6でルークがヨーダから学んだように「カイロ・レンと戦うためにレイがルークの元でフォースとライトセーバーの修行を行う」ということです。でも、これはエピソード7を観た方なら想像ができる範囲ですよね。

 

【女性シスが登場】

そこでさらなる有力な情報を調べたところ、「女優のググ・バサ=ローが重要な女性キャラクターを演じる」という噂が濃いようです。さらに彼女の役どころはまだ明らかになっていませんが、別の有力な情報の中の1つに「女性のシスが登場する」というものもありました。ということは、もしかしたらエピソード8ではググ・バサ=ローが新たな女性シスとして登場する可能性が高いのではないかと思います。

 

【アナキン・スカイウォーカー復活】

さらに信頼性にはまだ欠ける部分が多いのですが、なんと「アナキン・スカイウォーカーが復活する」という噂も…!?この噂は、若きアナキンを演じた「ヘイデン・クリステンセンがスター・ウォーズチームとトレーニングを始めた」という情報がどこからか流れたことによるものなのですが…仮に登場したところで、エピソード6でのアナキンは若くないですし既に霊体となっているので、出てくるにしても若きアナキンが出てくるにはあまりに不自然すぎるなと。でももしアナキンが出てくる可能性があるのだとしたら、カイロ・レンが憧れているダース・ベイダー役としてアナキンが出てくるくらいかなと思います。

 

【ハン・ソロ復活】

あとはやはりエピソード7で亡くなってしまったと思われるハン・ソロの復活です。このハン・ソロの復活の噂の理由については2つあり、1つは「ハン・ソロは刺されたくらいでは死なないというファンの望み」「エピソード8のキャスト一覧にハリソン・フォードの名前がある」という点です。

1つ目の理由は、たしかにエピソード7でハン・ソロはけっこうあっけないかたちで息子であるカイロ・レンにやられてしまったのもあるし、エピソード7の公開前の予告時であんなにハン・ソロの登場が大々的に取り上げられたのに新3部作の最初の1作だけで登場が終わるわけはないと思うからでしょうね。個人的にもそうであって欲しいのですが…エピソード7でのハン・ソロのラストシーンを見てしまうと復活の可能性は薄いような気がしなくもないですよね。

そして2つ目の理由ですが、「キャスト一覧に名前が載る」というのは、回想シーンで登場するだけの場合でもキャストとして載るのでこの情報だけで復活するという噂は信頼性に欠けると思います。それに、仮にキャスト一覧に名前が載っていたとしても、エピソード7ではキャスト一覧に名前が載っていたのにエピソード8でキャスト一覧にハリソン・フォードの名前がないと、発表の時点で「ハン・ソロはエピソード8で登場しないからエピソード7で亡くなっちゃうの?」と予想されて、いわゆる”公式ネタバレ”ってやつになっちゃいますからね。

これらのことを考えると、やはり製作サイドはエピソード7同様エピソード8も公開ギリギリまであらすじや予告編動画も公開しない厳戒態勢をとるのではないかと思います。でももう公開日も決まったことだし、せめてもう少し何かしらファンに期待を持たせる情報を出してくれてもいいんじゃないかな…と思ってしまいます。

 

 

エピソード8の日本での公開日はいつ?

 

スポンサーリンク

 

エピソード8のあらすじやキャストも気になるところですが、何より気になるのは映画の公開日ですよね。

実は映画公開日については、2015年時点での株主総会にて一度「2017年5月27日に決定した」と発表があったのですが、2016年2月15日から映画の撮影が本格的に始まり、そこから公開日程が半年ほど延びて「2017年12月15日に全世界同時公開」と新たに発表されました。つまり、日本の公開日も2017年12月15日になるということですね。

公開までまだまだ先だな…と思われる方もいると思いますが、スター・ウォーズのスピンオフ作品である『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』というものが2016年12月に公開されるのをご存知ですか?こちらはエピソード3とエピソード4の間のお話ということで残念ながらエピソード8に繋がるストーリーではないのですが、この作品を見てスター・ウォーズに関する新たな発見を見出すのも良いと思います。

まだまだ謎の多いスター・ウォーズ エピソード8ですが、また何か情報が明かされたら更新しようと思いますので、今後の動きに期待しましょう!

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*