【予告動画】エマ・ワトソンの実写映画『美女と野獣』公開日はいつ?

スポンサーリンク

『マレフィセント』をはじめ、最近ディズニーの実写版映画が大人気となっていますが、今度は『美女と野獣』が実写化されると話題になっています。さらに主人公『ベル』を演じるのは、あの『ハリー・ポッターシリーズ』でハーマイオニー役を演じた「エマ・ワトソン」さんなのです!大人になって「美人すぎる!」と世界的に大注目のエマ・ワトソンさんが演じるベルはどんな見栄えになっているのか楽しみですが、なんと公式の予告動画がディズニーからついに公開されました!今回はその予告動画をご紹介しつつ、実写映画『美女と野獣』の他キャスト陣、また気になる公開日も含めてまとめてご紹介します!

 

以前の実写版とは違う…?ディズニーの実写映画『美女と野獣』のあらすじは?

 

エマワトソン

出典:oh my mag.com

 

今回ディズニーから実写化される『美女と野獣』の実写版映画、知っている方は「また美女と野獣が実写化するの?」と思われる方がいるかもしれません。

実は2014年頃に『美女と野獣』は実写化され、映画が公開されています。ベルを演じたのは「レア・セドゥ」さんで、野獣を演じたのは「ヴァンサン・カッセル」という、フランス人の俳優さんです。そう、この映画はフランスとドイツの映画会社が合作して製作した映画で、製作会社は『パテ』と『バーベルスベルク映画スタジオ』という会社なのでディズニー映画ではありません

また、あらすじもこの2014年の『美女と野獣』とディズニー版『美女と野獣』では異なります。

『2014年版美女と野獣』は、1740年にG・ド・ヴィルヌーヴ夫人によって書かれた原作本を元にストーリーが展開されていくので、やはり当時ディズニー映画の実写化だと思ってこの作品を観た方にとっては「あれ?全然話が違う…」とびっくりされたかもしれません。

しかし、今回ディズニー映画として製作されている『美女と野獣』の実写映画はディズニーアニメ『美女と野獣』に沿ってストーリー展開されていくので、ディズニーの方に親しみがある方にとっては十分に楽しめる内容になっているはずです!

 

 

実写映画『美女と野獣』のキャスト陣は?

 

rose

 

ディズニー実写版映画『美女と野獣』は、以前からエマ・ワトソンさんが主演だという情報が話題になっていました。しかし、それ以降他のキャスト陣が全然わからず誰がどんなキャラクターを演じるのかさっぱりでしたよね。実はその他のキャスト陣もつい最近公表され、「あの俳優がこのキャラクターをやるの!?」と注目を浴びています!

その気になる豪華キャスト陣を画像と共に一挙にご紹介します!

 

 

ベル

出典:Distractify.com

まずヒロイン「ベル」を演じるのは、言わずもがなエマ・ワトソンさんですね。代表作といえばなんといっても『ハリー・ポッター』シリーズですが、それ以後も『ウォールフラワー』、『ブリングリング』、『ノア 約束の箱舟』などの作品に出演し、実力派女優としてキャリアを積み上げています。またエマ・ワトソンさんは女優業と学業を見事に両立し、アメリカの名門ブラウン大学を2014年に卒業しました。こんなにも多忙なのに大学を卒業するなんて、かなりの努力家ですよね…!

 

野獣

出典:Distractify.com

そして注目の「野獣」を演じるのは、イギリス人俳優ダン・スティーヴンスさんです。ダン・スティーヴンスさんは舞台を中心に活躍している俳優さんで、2004年の舞台『お気に召すまま』でデビューししました。映画としての代表作は『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』、『ザ・ゲスト』などで、その他テレビシリーズ『ダウントン・アビー』にも出演しています。なんといっても注目なのは野獣のビジュアルがどのように再現されるかですよね…!

 

モーリス

出典:Distractify.com

ベルの父親で発明家の「モーリス」を演じるのは、アメリカ人俳優ケヴィン・クラインさんです。ケヴィンさんの代表作は『ワンダとダイヤと優しい奴ら』『海辺の家』などですね。この比較画像を見ると、モーリスにしてはちょっと痩せているかな?と思いますが、どんなベルの父親役を見せるのか楽しみです。

 

ガストン

出典:Distractify.com

ベルをしつこく狙う「ガストン」を演じるのは、イギリス人俳優ルーク・エヴァンズさんです。ルークさんの代表作は『ワイルド・スピード』シリーズ、『ホビット』シリーズなどが有名です。このガストン役はいかにずる賢さを出せるかがカギになっていますが、顔つきもなんとなくガストンに似ていて合ってそうな気がしますよね!

 

ルフウ

出典:Distractify.com

ガストンの手下「ル・フウ」を演じるのは、アメリカ人俳優ジョシュ・ギャッドさんです。ジョシュさんはあのディズニーの話題作『アナと雪の女王』のオラフ役の声優を担当し、アニー賞声優部門を受賞したのです!今度は『美女と野獣』でさらに実写版映画の出演ということで、どんな演技をするのか注目です。

 

ルミエル

出典:Distractify.com

野獣の城のウェイター頭「ルミエール」を演じるのは、イギリス人俳優ユアン・マクレガーさんです。ユアン・マクレガーさんといえば『スター・ウォーズ』シリーズのオビ=ワン・ケノービ役として有名ですよね。その他『トレインスポッティング』、『ビッグ・フィッシュ』、『ムーランルージュ』など多くの作品に主演している実力派俳優さんです。人物化する前のルミエールはどのように再現されるのかとても気になります!

 

コグスワース

出典:Distractify.com

野獣の城の執事「コグスワース」を演じるのは、イギリス人俳優イアン・マッケランさんです。イアンさんは、この見た目からしてもすぐに想像はつかないと思いますが、『ロード・オブ・ザ・リング』ガンダルフ役が特に有名で、他にも映画『X-MEN』のマグニート役としても出演しているので、イアンさんも大ベテランの俳優さんです。コグスワースもどのようなヴィジュアルになるのか楽しみですね!

 

フェザーダスター

出典:Distractify.com

城のメイドでルミエールの恋人である「フェザーダスター」を演じるのは、イギリス人女優ググ・バサ=ローさんです。ググ・バサ=ローさんは映画『幸せの教室』などに出演していますが、今ひそかに『スター・ウォーズ エピソード8』に出演する可能性があるのではないかという噂があがっています。気になる方は以前書いた記事をぜひご覧ください!(【予告】スターウォーズ エピソード8のあらすじや日本公開日は?)

 

ポット夫人

出典:Distractify.com

城のメイドの1人「ポット夫人」を演じるのは、イギリス人女優にして脚本家のエマ・トンプソンさんです。エマさんは『ハワーズ・エンド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した実力派の女優さんで、女優としてだけでなく脚本家としてもマルチに活躍している方です。

 

ワードローブ

出典:Distractify.com

城の着付け係でオペラ歌手の「ワードローブ」を演じるのは、アメリカ人女優オードラ・マクドナルドさんです。オードラさんは舞台を中心に活躍している女優さんで、他にもテレビシリーズ『プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち』などに出演しています。ワードローブはディズニーアニメ版の作品内では気さくで明るいキャラクターなのですが、オードラさんの見た目の雰囲気がワードローブにとても合いそうな気がしますよね!

 

ビル・コルドン監督

 

そしてこの実写版映画『美女と野獣』のメガホンをとるのは、ビル・コンドン監督です。ビル・コルドン氏は監督だけでなく脚本家としても有名で、過去の監督としての代表作は『ドリームガールズ』、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1,2』、『フィフス・エステート/世界から狙われた男』などで、脚本家としては『シカゴ』などが有名です。これまでの実写化されたディズニー映画はどれもとてもクオリティーが高く絶賛されてきているので、アニメ作品だった『美女と野獣』の世界観がどのように実写映画として再現されるのか…ビル・コルドン監督の技量にかかっていますね。

 

 

実写映画『美女と野獣』の予告動画と日本公開日は?

 

スポンサーリンク

 

ディズニーが製作する実写版映画『美女と野獣』は、つい最近エマ・ワトソンさんだけでなく豪華俳優陣や監督をはじめとしたスタッフ陣が続々と発表されていきました。そしてそれに合わせ、最新予告動画も公開されました!

その気になる予告編映像はこちらです。

 

いかがでしたか?まだベル役のエマ・ワトソンさんが少し見えただけで、他のキャスト陣の姿は見られませんでしたが、なんといっても音楽の壮大さと素晴らしく表現されている世界観にグッと飲み込まれ魅了されてしまった方もいるかと思います。

気になる公開日は、アメリカで2017年3月17日に公開されるようですね。ただ、これまでディズニーの実写映画は同時公開というわけではなく、日本での公開は少し後になっています。

なので、過去の映画公開日の差から推測すると、おそらく日本での公開は2017年4月中旬頃になるのではないかと思います。

まだほんの一部でしか見れない予告編映像が既にかなりクオリティーが高いので、これは期待できそうですね!まだ今後も新たな予告編映像は公開されていくはずなので、期待して待ちましょう!

 

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*