【最新情報】『モンスターハンターストーリーズ』発売日や予約開始はいつ?

スポンサーリンク

カプコンの大人気ゲーム『モンスターハンター(モンハン)』シリーズから、今度はなんと初のRPGゲーム『モンスターハンターストーリーズ』が2016年に発売発売されると去年のモンスターハンターフェスタ’15で発表されましたが、ついにその発売日が決定しました!続々と最新情報が出てきた上に、ゲームだけでなくアニメ化まで発表された『モンスターハンターストーリーズ』ですが、あらすじやシステムはどのようになっているのでしょうか?発売日や予約開始日・予約特典などの詳細と共にまとめました。また、「アイルーが可愛くない」というネット上の声が目立っていますが、その真相は…?!

 

『モンスターハンターストーリーズ』のあらすじやシステムは?

 

モンハン1

出典:週刊アスキー

 

カプコンから発売されたアクションゲーム『モンスターハンター』は今でこそ世界的大ヒットのゲームシリーズとなっていますが、実は2004年に第1作目が発売された当時はそんなに注目されていませんでした。しかし口コミで爆発的に人気度が上がっていき、運営側もここまで急速に人気が出るとは予測していなかったからか当初は何度もサーバーダウンを起こしてしまっていたほどだったようです。

それ以降の作品は発売される度に大ヒットを飛ばし、「一狩り行こうぜ!」がキャッチコピーとして大流行し子供から大人まで大勢で狩りを楽しめる大流行のゲームとなりました。

そのモンハンシリーズから今回は今までになかったRPGゲームとして新たに発売されることが発表されました。その名も『モンスターハンターストーリーズ』!

その初となるRPG作品の気になるあらすじはどんな内容なのでしょうか?

 

物語はライダーの村の子どもたちの小さな冒険、「タマゴ狩りごっこ」から始まった。主人公、リリア、シュヴァル。
幼なじみの三人は森で美しく輝くモンスターのタマゴを発見し、偶然にもモンスターが誕生する。小さな冒険を通じて出会った、モンスターの目覚め。
この出会いを機に三人はそれぞれの道を歩むことになる。村長の許しを得てリリアは村から旅立ち、
主人公とは異なる目的でライダーとなったシュヴァルも村を出る。幼なじみの旅立ちを見送った主人公もまた、村長と先輩の温かい指導を受け、
ライダーとして成長を重ねながら相棒であるナビルーと共に、外の世界へ旅立つことを決意する。旅立つ先は、ハンターの世界。
そこは主人公が慣れ親しんだライダーの村とは、異なる生活を営む人々の世界。三人の好奇心がこの広大な世界に新たな目覚めをもたらし、大冒険を紡ぎ出していく。
(出典:モンスターハンターストーリーズ公式サイト)

 

という、主人公はモンスターを狩る者「ハンター」ではなく、モンスターと絆を結びし者「ライダー (乗り人)」であり、パートナーモンスター「オトモン」と「絆石」を介して絆を結び、共に旅をし共に戦うというストーリーのようです。

モンスターハンターの世界観をそのままに、RPGでしか描くことのできない物語や楽しさを詰め込んだソフトになるとのことなので、今から発売日が楽しみですよね!

 

 

オトモン

出典:4Gamer.net

そんな初のRPG作品の『モンスターハンターストーリーズ』ですが、やはりゲームシステムも気になりますよね。

このゲームの中心的存在になっているのは、「オトモン」というライダーと共に戦うモンスターのようです。遺跡でタマゴを発掘し厩舎で孵すことで仲間になり、フィールドで乗って移動したりバトルで共に戦うことができます。複数のオトモンを連れて行き、戦闘中に入れ替えることも可能のようです。オトモンには個別の能力があり、主人公とオトモンの絆によって遊びや行動の幅が大きく変わるようです。今作にはモンスターハンターシリーズに登場している個性的で強大なモンスターが続々と登場するとのことなので、あなたの好きなモンスターを「お供」として連れて行くことができるかも…!?

 

バトル画面

出典:4Gamer.net

RPGの醍醐味でもある「バトルシステム」ですが、バトルはシンボルエンカウントのコマンド選択式ターン制バトルのようです。基本攻撃は「パワー」「テクニック」「スピード」の3種があり、「パワー>テクニック>スピード>パワー」の三すくみシステムとなっています。つまり、相手モンスターのクセを読んで有利な攻撃をすれば効率よくダメージを与えられるということですね。また、オトモンと同じ攻撃を選択すると、同時攻撃「ダブルアクション」が発動することがあるようです。
主人公は武器攻撃や特技、アイテムの使用を選択して戦えるようで、オトモンは基本的に自身の判断で行動するのですが、技を指示して使わせることもできるみたいです。戦闘で絆が深まるとモンスターに騎乗(ライドオン)することが可能で、ライドオン状態だと能力が飛躍的に向上し、強力な「絆技」を使えるようになります。このライドオンで可能になる「ライドアクション」も今作の大きな見どころのようです!

その他「伝承の儀」という、別のオトモンから「絆遺伝子」を伝承し、オトモンの新たな能力を目覚めさせることが出来るというシステムもあるようです。絆遺伝子は3×3のビンゴ状になっており、同属性の遺伝子を3つ並べることで能力が発現するようです。

これにより「氷のリオレウス」や「火のウルクスス」「雷のブラキディオス」など本来の属性とは別の属性を持つモンスターが生まれることがあるということなので、組み合わせ次第で作れるモンスターの能力は色々と変化していくようですね!自分だけのモンスターを作れるという楽しみがあるのも大きな魅力ですね。

 

 

『モンスターハンターストーリーズ』のアイルーは可愛くない?!

 

イメージ

出典:4Gamer.net

 

『モンスターハンターストーリーズ』は、ゲームの製作が去年発表されてから大きな話題を呼んでいたのですが、発売を期待するユーザーの方々もいれば、あまり良い反応をしていないユーザーの方々もいるようです。

最新作に対するその後ろ向きな反応の原因はどこにあるのか見てみたところ、やはりゲームシステムがこれまでと大きく異なるという点ですね。ですが他にも、キャラクターがこれまでのモンスターハンターシリーズと比べるとデフォルメされすぎている点も気になっているようです。特に、モンハンシリーズのマスコット的キャラクターであるアイルーが「全然かわいくない」「キモい」というかなりの酷評を受けているようで…。

上の画像でなんとなくアイルーの顔がお分りになるとは思いますが、アップでゲーム中に登場するアイルーの画像を見てみると…

 

アイルー

これは…たしかにかわいくない…。ちなみにこちらは「アイルー」という名前ではなく「ナビルー」という、ゲーム内で色々と案内や助言をしてくれるアイルーのようです。ただ、これまでのモンスターハンターシリーズをプレイしてきた方にとっては、ちょっとこれは受け入れがたいキャラクターデザインだと思えてしまいますよね…。

ためしにこれまでのモンハンで出てきたアイルーと比べてみました。

 

アイルー比較

左がこれまでのモンハンシリーズで登場したアイルーで、右が『モンスターハンターストーリーズ』で登場するナビルーです。

こうやって見比べてしまうとキャラが全然違って見えますね。やっぱり左のアイルーの方が断然かわいい!って思ってしまいます…。

完全に新規のプレイヤーを狙う分には特に問題はないかもしれませんが、これまでのモンハンユーザーを引き込むにはゲームシステムだけでなく当然キャラクターデザインも非常に重要なポイントになってくるので、これはもしかしたら難しいかもしれませんね…。

 

 

『モンスターハンターストーリーズ』発売日や予約開始日はいつ?予約特典情報も!

 

スポンサーリンク

 

そんな発売前から良くも悪くも色々な声が上がり話題を呼んでいる『モンスターハンターストーリーズ』ですが、発売日が2016年10月8日に決定したと発表されました!また、ゲーム化に合わせてアニメ化もするのですが、アニメの放送も10月になるようです。

またその他スペックなど細かく発表もされていたので、一覧にしてまとめてみました。

 

発売日:2016年10月8日(土)
希望小売価格:パッケージ版 5,800円+税/ダウンロード版 5,546円+税
対応ハード:ニンテンドー3DS シリーズ
ジャンル:RPGプレイ人数:1人(通信対戦時:2人)
CEROレーティング:A(全年齢対象)
通信・その他:ローカル対戦プレイ対応、インターネット対戦プレイ対応、すれちがい通信対応
インターネット(ダウンロードコンテンツなど)、amiibo対応

また予約日や予約特典内容についてですが、ソフトの予約受付開始日は6月2日で、予約特典としては各店舗別の伝承オトモンのダウンロード番号がつく他、「モンスターハンタークロス」のセーブデータを持っている人に向けた連動特典も用意されているようです。

また、ソフトのプラットフォームがニンテンドー3DSなので初回限定同梱版なども発売されるかもしれないですね!今後もまだまだ最新情報が更新・発表されていくと思いますので、今後の情報にも注目しましょう!

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*