【予防対策方法】幕張メッセでのジャスティンビーバーライブで麻疹感染のおそれ

スポンサーリンク

世界的に大活躍を続けているジャスティン・ビーバーが、8月14日にコンサート「JUSTIN BIEBER PURPOSE WORLD TOUR 2106」を幕張メッセで行いました。会場にはかなりの数のファンがいたのですが、なんと来場者の中に麻疹(はしか)発症中の人がいたようです。麻疹は空気感染する可能性のある病気で、もし会場内にいた人々に2次感染すれば麻疹発症者が急増してしまいとんでもない事態になってしまうので来場者にはすぐに病院での受診相談をするよう、国立国際医療研究センター病院の国際感染症センター(DCC)が、Facebookで呼びかけています。既にこの話題は大きな注目を浴びていて大混乱していますが、麻疹の感染を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?ジャスティン・ビーバーのコンサートが行われた際の様子や、DCCが呼びかけている詳しい内容、そして今後感染してしまう可能性のある麻疹の正しい予防対策の方法をご紹介します。

 

幕張メッセでのジャスティン・ビーバーコンサートで麻疹感染者がいた?

 

ジャスティンビーバー幕張メッセ

 

8月14日幕張メッセで行われたジャスティン・ビーバーのコンサートにて麻疹発症者がいたということで大きな話題となっていますが、この発症者はコンサートが行われた14日には既に発症していたのか、コンサートの後発症したのか気になるところですよね…。

ということで、まずはこの詳細から探ってみました。

 

千葉市などによると、海外旅行から帰国し39度を超える発熱や発疹の症状がある兵庫県西宮市の10代の男性が、8月14日に千葉市の幕張メッセで開かれジャスティン・ビーバーのコンサートを訪れ、その後、医療機関で麻疹(はしか)と診断されたそうです。男性は自分が麻疹に感染していることには気づいていなかったとのことです。

千葉市はさらに患者が出る可能性もあるとみて、医療機関に注意を呼びかけています。

 

このことから、やはり男性はジャスティン・ビーバーのコンサートが行われた8月14日時点で既に麻疹を発症していた可能性が極めて高いということになります。

 

麻疹は高熱などに続き、全身に赤い発疹が出るのが特徴で、重症化すると最悪の場合、死亡することもあります。また、空気感染で広がり、感染力が非常に強いのも特徴です。

ワクチンを2回接種することでほぼ予防できるということですが、千葉市は今後さらに患者が出る可能性もあるとみて、市内の医療機関に連絡し、はしかが疑われる患者が受診した際には、院内感染の防止を徹底するよう伝えました。

千葉市は「コンサートに行って発熱などの症状が出た人は、医療機関に連絡したうえで受診してほしい」としています。

国立国際医療研究センター病院の国際感染症センター(DCC)は、Facebookにて2次感染を防ぐため病院にて受診やワクチンの接種をするよう呼びかけています。

 

8月14日に行われたコンサート会場にどれだけ多くの人がいたのかはわかりませんが、ジャスティン・ビーバーは今でも世界中で大人気の歌手で、当然日本でも大人気です。幕張メッセは展示場ホール9・10・11でのキャパ(最大収容人数)が15,000人、イベントホールでのキャパは8,000人なので、かなり多くの人が来場したと思われます。

また、麻疹発症の男性が会場のどの辺りにいたかはわかっていないものの、空気感染の可能性がある以上、最悪数千人規模の2次感染者が出てしまう可能性があるという非常事態です…。

 

 

麻疹の感染の原因や症状は?

 

麻疹

 

もしかしたら既に麻疹の症状が出始めている人もいるかもしれないので、まずは麻疹の感染の可能性・原因や症状などをまとめました。

 

麻疹(はしか)は感染力が強く、空気中に浮遊しているウイルスを吸い込み空気感染することもあります。感染してしまった場合はほぼ100%発病してしまうという非常に強いウイルスです。

 

麻疹の初期は鼻水やくしゃみ、38℃前後の熱など、まずは風邪に似た症状があらわれます。

目やにや目の充血をともなうこともあります。口の中の粘膜に小さい白い斑点が出ることもあります。その後3~4日ほどで熱が下がるのですが、約半日後に再び熱が上がり、同時に赤く少し盛り上がった発疹が体中にあらわれます。

症状は10日~2週間程度でおさまりますが、まれに肺炎や中耳炎など合併症が発症することがあるということや、大人になってから麻疹にかかると重症化しやすいといわれているので、注意が必要です。

 

 

麻疹感染の対策・予防方法は?

 

スポンサーリンク

 

仮にあなたが8月14日のジャスティン・ビーバーのコンサートに行っていなかったとしても、周りにコンサートに行った人がいてその人が既に2次感染していたのなら、注意が必要です。

最初は風邪や熱のような症状があるのでわかりにくいかもしれませんが、現在既にこの風邪っぽい症状が起きている方は麻疹の可能性を疑って早めの予防対策や病院での受診をすることをおすすめします。

 

まず予防方法についてですが、麻疹の予防接種は決められた期間であれば、国の負担で受けることができます。

しかし予防接種前に麻疹に感染している人に接触してしまったときは、すぐに医師に相談する必要があります。麻疹は感染してから症状が出るまでに10~12日程度かかるので、その間に適切な治療を受けることで軽症で済む場合があります。

つまり、早めの対策をすることで重症化を防げるということです。

 

また対策方法についてですが、何より一番大事なのは自分だけで対処しようとせずに病院で診察を受けることです。そして適切な処置をしてもらってから治療する必要があるのですが、

 

・水分を十分にとる

・発熱時には頭部冷やす

・暑すぎない程度に保温し、保湿する

 

といった対処法があります。

麻疹は主に高熱が出る可能性があるので、しっかりと水分をとることや、この時期だと冷やしたくなると思いますが冷やすのは発熱次に頭部だけにして、体温は冷やしすぎず適度に保温することが大事です。

 

以前から色々とお騒がせなジャスティン・ビーバーですが、この一件によってさらにお騒がせな人物として認識されてしまったようです。しかし、そんなネタでは済まされないような事態になる可能性が高いので、今はただの風邪や熱だと思う方でも、安全策をとって今のうちに病院で診察を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*