【べっぴんさん】主題歌のミスチル『ヒカリノアトリエ』歌詞や発売日は?【動画】

スポンサーリンク

2016年10月3日からNHKで始まる連続テレビ小説『べっぴんさん』。菅野美穂さんが主人公であるすみれの母に起用されたことが大いに話題となっていましたが、ヒロインのすみれ役には芳根京子さんという若手女優が抜擢され、これから大いに注目を浴びるだろうと思われます。そんな出演陣も注目なのですが、このドラマの主題歌に、なんと大人気バンド「Mr.Children(ミスチル)」の新曲『ヒカリノアトリエ』が使用されることが決定したのです!これは注目しないわけにはいきませんよね。主題歌はこのドラマ作品と関連性もあるということもあるらしいので、曲の雰囲気や歌詞・シングルの発売日を動画と共に紹介するだけでなく、主題歌が『べっぴんさん』のストーリーとどのように絡むのかなどもあわせてご紹介します!

 

『べっぴんさん』のストーリーは?

 

べっぴんさん

出典:「べっぴんさん」オフィシャルサイト

 

まずは、主題歌『ヒカリノアトリエ』が使用されることが決まった作品『べっぴんさん』がどんなストーリーになっているのか、概要をご紹介します。

 

すみれ。それがこの物語のヒロインの名前です。

昭和のはじめ。神戸の山の手で生まれたすみれは、
早くに亡くなった母から教えられた刺しゅうや手芸が大好きな女の子でした。

会社を経営していた父、活発な姉のもとで何不自由なく育ち、19歳で結婚、ほどなく娘を授かります。

順風満帆に思われた人生でしたが、戦争ですべてが変わります。
夫は出征し、家は焼け、戦争が終わると財産は没収。おっとりとしたすみれはどうしていいかわかりません。

そんなとき、幼い娘のために手作りした小物を見た人から「それを売ったらいいんじゃないか」と言われたことを
きっかけに、すみれは生きていくために子供服作りを始めます。

そんなすみれの周りには、様々な事情を抱えた女性たちが集まってきます。
働いたことなどない女同士で「ああでもない、こうでもない」と言い合いながら、気づけば会社まで起こし、子供服作りにのめり込んでいきます。

戦地から復員した夫は、当初、妻たちが働くことに猛反対。すみれの夫は戦前の「男が働き、女は家の中」という考えが捨てきれず、また、儲けをあげることより「子供のため、ママのためによりよいモノを作りたい」という彼女たちの仕事のやり方も理解できません。

しかし、やがて彼女たちの本気に触れ、子供服作りに一途な彼女を陰ながら支える生き方を選び取り、「最強のパートナー」となっていきます。「婦唱夫随」のすみれと夫は、仲間たちとともに「こだわりのモノづくり」を貫き、やがて宮内庁御用達と認められるまでになっていきます。

そして後年、すみれは、大人になった娘たちとともに、念願だった「子供のモノなら何でもそろう」日本初の総合子供洋品店をオープンさせることになります。

 

といった、子供服作りを制作する子供洋品店を経営することになっていくヒロインのすみれを中心に物語が展開されていくというストーリーになっているようです。

戦争をきっかけに身の回りの環境が変わってしまったものの、幼い頃から親しんでいた刺繍や手芸の技術を使って子供服を作るようになり、やがて総合子供洋品店をオープンさせるまでに成長していく…という希望に溢れた話ですね。

戦時中で環境が変わってしまった頃の描写はちょっと悲しい雰囲気になってしまうかもしれませんが、ストーリー展開自体は前向きになれるような、明るい気持ちになれる作品なのではないかと思うので、きっとミスチルの主題歌も明るく前向きになれるような明るめな曲なのではないかと思います。

 

 

ミスチルの新曲『ヒカリノアトリエ』はどんな雰囲気の曲なのか?

 

ヒカリノアトリエ

 

8月24日のニュースにて、Mr.Children(ミスチル)の新曲『ヒカリノアトリエ』が、『べっぴんさん』の主題歌に使用されることが発表されました。

 

ミスチルの曲は、時に小林武史さんが作曲や編曲を手がけたりすることもあるのですが、今回の新曲『ヒカリノアトリエ』は、ボーカルの桜井和寿さんが作詞・作曲を手掛けるようです。

 

『べっぴんさん』の主題歌として新曲が使用されることが決まったことについて桜井和寿さんは、

 

「『べっぴんさん』との出会いが、僕らに真っ直ぐな希望の歌を与えてくれました。ひたむきな物語にそっと寄り添える曲でありたいと、強く願っています」

 

とコメントを発表していました。

現段階では、新曲『ヒカリノアトリエ』が『べっぴんさん』の主題歌に決まった、ということだけしか発表されていない状態で、曲の雰囲気や歌詞などの詳細は全くわからない状況です。

しかし、先述の『べっぴんさん』のあらすじや、桜井さんのコメントから察するに、新曲『ヒカリノアトリエ』は『べっぴんさん』のストーリーに合った、明るく前向きになれるような明るめな曲なのではないかと予想しています。

早くその曲の一部だけでも聴いてみたいですよね…!

 

 

『ヒカリノアトリエ』の発売日は?

 

スポンサーリンク

 

こうして『べっぴんさん』の主題歌にミスチルの新曲が使用されることが発表されたのですが、気になるのは『ヒカリノアトリエ』がいつ発売になるのかですよね。

 

そこで、Mr.Childrenオフィシャルサイトをチェックしてみたのですが、現在記載されていた情報は

 

新曲「ヒカリノアトリエ」が、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』主題歌に決定!

Mr.Childrenの新曲「ヒカリノアトリエ」(発売未定)が
10/3(月)スタートのNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』主題歌に決定しました。

(出典:「Mr.Children」Official website)

 

ということのみで、『ヒカリノアトリエ』の発売日は現時点では未定ということでした。

ただ、大体でも発売日は知りたいところなので、過去のデータを元に予想してみたいと思います。

 

現在放送中の『とと姉ちゃん』の主題歌である宇多田ヒカルさんの『花束を君に』は、放送開始日の4月4日から11日後となる4月15日にデジタルシングル(配信専用シングル)としてリリースされました。

また、その前に放送されていた『あさが来た』の主題歌にはAKB48の『365日の紙飛行機』が使用されていたのですが、そのシングルの発売日は、初回放送開始日2015年9月28日から約2ヶ月ちょっと経った12月9日にリリースされました。

 

『ヒカリノアトリエ』がどういった形態でリリースされるのか(シングルとしてのリリースか、配信限定シングルか)にもよると思うのですが、一応両方予想してみましょう。

 

まず、『べっぴんさん』は初回放送日が10月3日となっています。

もし新曲『ヒカリノアトリエ』が配信限定シングルとしてリリースされる場合、シングルのデザインやディスクの生産などの手間がいらないので、早めにリリースすることが可能です。

なので、『ヒカリノアトリエ』が配信限定シングルとしてリリースされる場合は10月中にリリースされる可能性が高いのではないかと思われます。

 

また、もし普通のシングルとしてリリースが決定した場合ですが、こちらはやはりジャケット・ディスクデザインや生産の期間など、様々なことを考慮した上でのリリースとなるはずなので、数ヶ月は遅くなってしまうのではないかと思われます。

なので、『ヒカリノアトリエ』がシングルCDとしてリリースされる場合は12月頃にリリースされるのではないかと思います。

 

まだ現在新曲『ヒカリノアトリエ』が『べっぴんさん』の主題歌として使用されるということしか発表されていない状態なので、今後続報は出てくると思いますし、少なくとも初回放送日である10月3日の頃には何かしらリリース情報が出ているはずです。PVや『べっぴんさん』の放送動画が配信され次第、こちらにも掲載予定です。

現在はほとんど何もわからない状態なのですが、続報を待ちましょう!

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*