【はじめまして、愛しています。】主題歌の槇原敬之『理由』の歌詞や発売日は?【動画】

スポンサーリンク

2016年7月14日からテレビ朝日(テレ朝)系列で21:00から始まる木曜ドラマ『はじめまして、愛しています。』。このドラマは、「特別養子縁組」という日本ではあまりまだ広がっていない養子制度を題材に“本当の家族とは何か”という普遍的なテーマにされたドラマで、主演に尾野真千子さんと江口洋介さんが抜擢されています。原作のないオリジナルストーリーということで、難しいテーマを扱っているのでどのような展開になっていくか想像のつかないこのドラマですが、主題歌を槇原敬之さんが担当することが決まっています。タイトルは『理由』となっており、このドラマに関連している楽曲なのかなと想像させますよね。槇原敬之さんはよく主題歌やテーマソングなどのオファーを受けていて、これまでに提供した楽曲はどれも本当に作品にマッチした素晴らしい曲ばかりです。今回も注目される『理由』はどのような曲なのでしょうか?気になるその曲の雰囲気や歌詞・シングルの発売日を紹介するとともに、いち早く公開され曲の一部が聴ける動画も含めてご紹介します!

 

槇原敬之の『はじめまして、愛しています。』の主題歌『理由』はドラマのための書き下ろし!

 

はじめまして、愛しています

出典:『はじめまして、愛しています。』公式サイト

 

7月14日から始まる木曜ドラマ『はじめまして、愛しています。』は、尾野真千子さんと江口洋介さん演じる子どものいない夫婦が、親に捨てられた見ず知らずの5歳の男の子を自分たちの子どもにしようと決断し、“本当の家族”になろうと奮闘する「養子縁組」をテーマにしたドラマです。

笑わず、しゃべらず、名前もないという一切の感情を失くした男の子に他の大人たちが苦慮する中、なぜかこの夫婦だけは彼とコミュニケーションが取れる唯一の方法を持っていたという、奇跡なのか運命なのかという不思議な感覚がするドラマのようです。

脚本は、あのとんでもない高視聴率をたたき出した『家政婦のミタ』を手がけた遊川和彦(ゆかわ かずひこ)氏なのです!なんとなくテーマが難しいと思えるこのドラマですが、遊川和彦氏が脚本となると気になって見てみたくなりますよね。

そんな難しいテーマに挑むドラマの主題歌を、槇原敬之さんが手がけることになりました。

槇原敬之さんはよく主題歌やテーマソングなどのオファーを受けていて、これまでに槇原敬之さんがドラマやテレビ番組のテーマソングとして提供する楽曲は、どれも本当に作品にマッチした素晴らしい曲ばかりだということで定評があるのですが、今回の『はじめまして、愛しています。』の主題歌となった『理由』も、ドラマのために書き下ろされた新曲だそうなのです!

これは間違いなくドラマのストーリー展開と槇原さんの曲・歌詞が見事にマッチしていること間違いないですね!

槇原敬之さんは、主題歌を担当し楽曲提供したことについて、このように語っていました。

 

今回はドラマの主題歌のお話をいただいたときに、脚本の遊川和彦さんと直接お話しさせてもらう機会をいただきました。遊川さんのその志というか目指しているものが、僭越ながら自分が考えているところにとても近く、初めて心からフォローアップできる方と出会えたなという喜びを感じたんですが、一方で「遊川さんの作品に求められているもの」プラス「自分らしさを織り込んだもの」がはたして作れるのだろうかという不安に襲われました。
曲をつけるのは早い僕も、今回は4つまったく違うメロディーのサビを作るほど慎重になってしまったのですが、ああいうメロディーにすればよかったと後悔しないように試行錯誤を繰り返しました。結局最初に作ったメロディーにもどって、自分の中でも腑に落ちた感じがしましたが。(笑)
詞については、世の中には「何かを信じてがんばる」というような、がんばるほうにフォーカスをあてた曲が多いように感じているのですが、今回は「信じるということこそ努力が必要で、じつは一番たいへんなんだ」という思いを歌詞に込めました。実態のないものを信じることの難しさを表現しています。
サウンド自体は楽しいんですけど、よく聴くと少し暗いというか、信じることについて考えを巡らしたくなるような歌になっていると思います。
この曲がこのドラマの主題歌として何かのお役になれたらいいなと思いますし、聴いてくださる人の新しい考え方のきっかけになってもらえたらと願っています。

(出典:『はじめまして、愛しています。』公式サイト)

 

という、『理由』はこれまで数々の素晴らしい主題歌を担当してきて確固たる自信を持っているはずの槇原敬之さんが、珍しく不安に襲われ慎重になるほど悩みに悩んだ末に生み出した曲なのだそうです。

「サウンド自体は明るいけど、よく聴くと少し暗い」という、ドラマのテーマに沿っているかのような難しいバランスで構成されている楽曲のようです。ただ、4つも違うメロディーを作ったりして試行錯誤を繰り返したほど悩んで生み出した曲が果たしてどんな曲なのか、ものすごく気になってしまいますよね。

 

 

【動画】槇原敬之のドラマ書き下ろし楽曲『理由』は、どんな曲でどんな歌詞なのか?

 

槇原敬之

出典:槇原敬之オフィシャルブログ

 

今回槇原敬之さんが主題歌として担当する『理由』は、『はじめまして、愛しています。』のために書き下ろされた新曲だということがわかりました。

槇原敬之さんへのインタビューで、この楽曲は「サウンド自体は明るいけど、よく聴くと少し暗い」「歌詞は”実態のないものを信じることの難しさ”を表現した」ということが説明されていましたが、やはり言葉だけで聞くよりも、実際にその曲を聴いてみたいという気持ちが強くなりますよね。

そこで調べたところ、ほんの一部ですが『理由』が聴ける動画を唯一見つけました。その動画はドラマの予告編だったのですが、ちょうどドラマのストーリー展開も一緒に知ることができるので、是非ご覧下さい!

 

 

いかがでしたか?この曲をはじめて聴いて思った感想としては、たしかに全体的にメロディーや楽曲の雰囲気は明るく聴こえるけど、サビはどことなく切なさを感じさせるような曲だなと思いました。まだ全貌は明らかになっていないものの、もしこの曲のイメージを槇原敬之さんの過去の曲に例えるなら、『今日は会社休みます。』というドラマのために書き下ろされた『Fall』によく似た雰囲気だなと感じました。

『Fall』という曲も良い曲なのですが、個人的にもしドラマを見ずに曲だけしか聴いたことがなければあまり響かなかった気がします。でも、「ドラマを見ながら曲を聴いたからこそ好きになった」ということもありますよね。新曲『理由』は、まさにドラマあってこそ輝きを放つ楽曲だと思います。

ただ、やはり気がかりな点としては、曲の雰囲気はわかっても音が小さすぎて歌詞まではほとんど聞き取れなかったところですね…。

ただ、「諦めきれない」「自分を好きになれる自分になれる」「誇りを持てるような自分になれるの」など、たしかに実態のないものを信じることの難しさを表現していることがわかる歌詞だということはわかった気がします。ただ、歌詞はまだほんの一部しかわからないので、早く全ての歌詞の内容を知りたいですね。

 

 

槇原敬之『理由』の発売日はいつ?

 

スポンサーリンク

 

まだ一部しか聴くことができない槇原敬之さんの『理由』ですが、ドラマが放送されていくにつれ今後どんどん注目されていくことになると思います。そして、ドラマを見終わる頃にはこの曲のメロディーが頭から離れないほど好きになっているはずです!そんなハマること必至の新曲『理由』は、既にシングルとして発売されることは決まっているのでしょうか?

調べたところ、なんと『理由』の発売日はもう決定していて、詳細情報も出ていました!

 

槇原敬之『理由』

 

【発売日】2016年8月24日(水)

【価格】1,200円 (税別)

【収録内容】
1. 理由 (テレビ朝日系木曜ドラマ「はじめまして、愛しています。」主題歌 )
2. 一歩一会(テレビ朝日「じゅん散歩」テーマ曲)
3. 理由(Backing Track)
4. 一歩一会(Backing Track)

 

ということで、槇原敬之さんのニューシングル『理由』は2016年8月24日(水)にリリースされることがわかりました!

発売日まではもう少し先ですが、曲をいち早く聴きたいという方はぜひ『はじめまして、愛しています。』を視聴し、『理由』という楽曲とドラマの内容とがどのようにシンクロしていくのか、ぜひその目で確かめてみてください!

ドラマ放送日が楽しみですね!

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*