嵐『I seek』の歌詞と意味は?MステではPVと別振り付け?

スポンサーリンク

ジャニーズの人気グループ『嵐』から、新曲『I seek / Daylight』が発表されましたね!いよいよニューシングルの発売に向けて新曲の披露なども増えてくると思いますが、気になる『I seek』は5月13日のミュージックステーション(Mステ)で初披露されます!いつも嵐はMステで披露する時だけ他の番組と違う演出をするということで有名ですが、今回もそうなのでしょうか?新曲『I seek』の歌詞の意味や、シングル発売日や特典なども含めてまとめました!

嵐についての記事はこちらにもあります。(【動画】嵐がMステで選んだ切ない1曲に驚愕?二宮はボカロ好き?)

 

『I seek』の発売日やタイプ・特典内容

 

嵐2

 

嵐の49枚目となるニューシングル『I seek / Daylight』は、2016年5月18日に発売が決まっています。前作の『復活LOVE』からは約3ヶ月ぶりになるシングルで、両A面としてのシングル発売は『Calling / Breathless』以来なんと約3年ぶりとなります。

今作の『I seek / Daylight』では、シングルは全3タイプ発売予定で、特典も初回盤だけでなく全タイプにつくという豪華仕様です!その各シングルタイプの収録内容や特典内容を以下にまとめました!

 

【初回限定盤1 (CD+DVD)】¥1,400+税 (16P歌詞ブックレット封入)

<CD>
01.I seek 02.Daylight

<特典DVD>
『I seek』ビデオ・クリップ+メイキング

 

【初回限定盤2 (CD+DVD)】¥1,400+税 (16P歌詞ブックレット封入)

<CD>
01.I seek 02.Daylight

<特典DVD>
『Daylight』ビデオ・クリップ+メイキング

 

【通常盤 (CD only)】¥1,143+税 (歌詞カード(10面)封入)

<CD>
01.I seek 02.Daylight 03.ただいま 04.supersonic 05.I seek (オリジナル・カラオケ) 06.Daylight (オリジナル・カラオケ) 07.ただいま (オリジナル・カラオケ) 08.supersonic (オリジナル・カラオケ)

 

いかがですか?見ていただいたらわかるように、どのシングルタイプも特典が異なるだけでなく、収録曲もタイプに合わせて違っています !今回は両A面シングルなので、初回限定盤の特典は1と2でそれぞれ『I seek』と『Daylight』のPVとメイキングが見れるので、これはどちらも購入して見たいところですよね!

その両A面シングルでもある今作ですが、今回は大野智さん主演の『世界一難しい恋(セカムズ)』の主題歌にもなっている『I seek』の歌詞や意味について迫っていきます!



 

『I seek』の歌詞と意味は?

 

i_seek

 

今作の『I seek』は大野智さん主演の『世界一難しい恋』の主題歌として決まっていたため、歌詞の内容もその大野智さん演じる鮫島零治さんの気持ちを表しているのかなと感じるような内容です。発売前ながらも、一部では既に歌詞を全て見ることができます。歌詞の全貌が木になる方は以下のサイトから見てみてください。

嵐『I seek』歌詞

 

こちらでは主に歌詞の意味について深く語っていきたいと思います。なのでまずは上に貼った歌詞を見てから読まれることをおすすめします!

先ほど「鮫島零治さんの気持ちを表しているのかな」と書きましたが、この曲の全体的な印象としては「恋愛に不器用な男の切なさやジレンマを明るくポジティブに歌ったラブソング」ですね。好きな人はいるのに、思うように自分が出せなかったり、その人のことを考えれば考えるほど空回りしてしまう…それでも君に恋がしたい。そんな感情をうまく表した歌詞だなと思います。『I seek』はテレビ番組でも紹介されたように、恋愛に不器用な男心を歌っていると言われていますが、好きな男の子がいるけど恥ずかしさを隠すために思ったことと逆のことを言ってしまったり、伝えたい言葉はあるのに嫌われたらどうしようと思ったまま気持ちを伝えられずにいる…そういった女心としても捉えられる歌詞なのではないかとも思うのです。

歌詞の捉え方は無限大ですから、何もこの曲を男目線として捉えなきゃいけないなんていうことはないですからね!それに、自分に置き換えて共感できるような内容の曲だと、「勇気を出すための応援ソング」として何度も聴けるようにもなるし。そういう自分なりの解釈ができるのもいいですよね。

 

 

Mステでの『I seek』初披露はMVと別の振り付けを披露?

 

スポンサーリンク

 

そんな恋する切なさを描いたラブソング『I seek』が、5月13日放送のミュージックステーションで初披露されます!もちろん新曲を早く生で見たい!という方も多いと思いますが、Mステでの嵐の見所といえば、他番組では見せないオリジナルの振り付けにもあるというのをご存知ですか?

最近の嵐は、新曲発売直前にMステに出演する時はフルバージョンで、しかもかなりこだわったセットとPVとは別の振り付けで披露してくれることが多いんです。そのMステでしか見せない曲披露や振り付けはかなりレアなので、録画して永久保存版としてとっておく方も多いと思います。

そういった最近のMステ出演時の嵐の傾向を見ていると、おそらく今回の5月13日での放送も『I seek』をフルバージョンで、さらにPVとは別のオリジナル振り付けで披露するのではないかと期待しています。

また、今作の『I seek』振り付けは、振り付けに好評がある大野智さんかもしれないとの情報が!少し見た程度の推測になってしまいますが、見た感じから大野智さんっぽい雰囲気の振り付けをしている部分があったりすることや、何よりこの曲が大野さん主演の主題歌ということもあるので大野智さん振り付けなんじゃないかなと思いました。それに大野さんの振り付けはファンの中でも好評で、例えば『CARNIVAL NIGHT part2』は「ファンが選ぶ好きな振り付けの曲」に選ばれるほどです。『振付師』の顔も持っている大野智さんが『I seek』の振り付けもやっていてくれたら嬉しいですね!

そんな新曲『I seek』はMステだけでなく、今後他の番組でも披露されることでしょう。その新曲の振り付けに注目してみたり、歌詞を見ながら自分なりの意味を解釈してみたりするのも良いと思います。放送が楽しみです!

 

嵐についての記事はこちらにもあります。(【動画】嵐がMステで選んだ切ない1曲に驚愕?二宮はボカロ好き?)

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*