【速報】SMAP解散情報はデマやガセではなく本当だった?!理由や真相は…

スポンサーリンク

ジャニーズ所属の国民的ジャニーズアイドルグループ『 SMAP(スマップ)』が、なんと2016年8月14日に解散を発表するという情報がネットで流れ、大きな話題になっています。今年早々に分裂騒動があり、これまで様々なメディアがこの情報の真相をつかもうと報道してきましたが、メンバ−5人が『SMAP×SMAP(通称:スマスマ)』で謝罪発表をしたり、木村拓哉さんも後日改めて「解散しない」と公言したことによって解散という最悪な自体は免れたと思われたのですが、ここにきてまた噂が広がり、8月14日に解散発表をするという情報が出たのです。もし解散するとしたら、ここにきてなぜ解散をするに至ったのかその理由は何なのでしょうか?これはデマやガセ情報などではなく、本当のことだという声や、あくまでデマだという声も色々な意見が飛び交っているのですが、どうなっているのでしょうか?詳しく調べてみました!

 

SMAP分裂・解散騒動は落ち着いたかと思われたが…

 

SMAP8月14日解散

 

今年早々に起きたSMAPの解散・分裂騒動は、SMAPメンバーと事務所側との意見の相違から始まり、メンバーの事務所離脱などから事態がさらに大きくなりましたよね。真実はともかく大方の有力とされる情報では、木村拓也さんが事務所に残り、他メンバーの中居正広さん、香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんの4人を引き止めるかたちでなんとか事態をおさめました。

一時は事務所を離れることになったのでメリー喜多川ジャニーズ副社長と対立し確執もあったのですが、なんとかお互いに和解したようでしたよね。

 

この騒動直後はSMAPがテレビ出演することさえ怪しいと思われていたのですが、実際には自身のレギュラー番組「SMAP×SMAP」に生出演し、メンバー5人それぞれからSMAPに対する思いや謝罪の言葉を述べられたり、また後日会報にて木村拓哉さんは、「SMAPは解散しない」と改めて名言したことにより、やっぱりSMAPは解散せずにこれからも活動してくれるんだ!とほっとした方がほとんどだったのではないでしょうか。

また、一番最近で嬉しい情報としては、現在開催中のリオデジャネイロオリンピックのTBS系で放送されるテーマソングに『ありがとう』が使用されていますよね。

これのおかげで、先月異例の出演辞退となった『音楽の日』『FNSうたの夏まつり』などの音楽特番に出演しなかったことの不安も少し解消されたと思われていました。

それなのに、なぜここにきて「解散発表」という状況に逆戻りしてしまったのでしょうか…?

 

 

「SMAPが8月14日に解散する」という情報はどこから流れた?

 

SMAP解散情報

 

一部ネットで「SMAPの解散発表がある」という情報をいち早く流していたのが、以下のネットニュースサイトでした。それにはこのようなことが書いてありました。

 

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・SMAPが、明日14日に解散を発表することがわかった。当初より今月中に活動休止を発表する予定だったというが、直前になってグループの解散を選択したという。明日は全メディアがこぞって情報合戦を繰り広げる、歴史的な1日となってしまいそうだ。

かねてよりSMAPは、年始に「週刊新潮」(新潮社)、そして各スポーツ紙が報じたグループの“分裂“による騒動で、存続が危ぶまれていた。デビュー当時からグループの屋台骨を支えたチーフマネジャー・飯島三智氏と、メリー喜多川ジャニーズ副社長の確執によって、メンバー同士の意志がバラバラの状態に陥ったといわれた。

「当初はメンバー全員が、いよいよとなれば飯島氏とともにジャニーズを去るという話でしたが、木村拓哉が直前になってジャニーズ本体側についたことで、他4人と飯島氏が“謀反人”と報じられることに。しかし、メリー氏の言い分をパワハラなどとする見方も強まり、逆に木村が“裏切り者”と呼ばれるようになっていきました」(週刊誌記者)

その中で、最も飯島氏に可愛がられていたという香取慎吾は、木村とともにグループ活動を継続することが、どうしてもできないと主張するようになっていったという。

「ジャニー喜多川社長による面談でも、ハッキリと『コンサートはできない』と断言。しかし香取は中居正広の説得により、9月末の契約を1年だけ更新することで話はまとまったようです。その時点で、一度SMAPは活動を休止する方向で調整が行われていました」(レコード会社関係者)

しかしその途中でも、新曲を発表して『NHK紅白歌合戦』にだけは出場するなど、さまざまな案が浮上しては消えてきたという。そして活動休止の発表が目前に迫ったところで、あるメンバーが「やはりこの状況ではファンに失礼だ」と言い出したという。

「どうせ復活する見込みもないならと、急きょ方向転換があったようです。結局5人はジャニーズに籍を置いたまま、各々活動を続けることになりそうですが、来年の9月の契約更新で、果たしてどれだけのメンバーが残るのか。そう考えれば、グループ解散を切り出したのは木村と考えるのが妥当でしょうね」(同)

ジャニーズの大本営発表を、各メディアがどう報じるかは今のところ不明だが、いずれにせよ現代の「日本のアイドルグループ像」を作り上げたSMAPの歴史が、いま幕を下ろそうとしている。

(出典:サイゾーウーマン)

 

これを読んだ上で考えてみると、たしかにこれまでにもSMAPがなぜ出演しないの?と思ったことがありましたよね。

例えば、毎年夏の音楽特番には必ず出演していたTBSの「音楽の日」やフジテレビの「FNSうたの夏まつり」です。

特に「FNSうたの夏まつり」に関しては、トップバッターとトリをSMAPが飾るのが毎年恒例となっていたのに、今年は出演すらなくなってしまったのです。

 

SMAPがこれらの音楽特番に出演することをやめた理由は過去に更新したこちらの記事(SMAPが『音楽の日』や『FNSうたの夏まつり』に出演しない本当の理由は?【真相】)にその詳しい経緯が書いてあるのですが、やはりこういったことから、SMAP解散の予兆がなかったかといえばたしかにゼロではなかったのです。

 

 

「SMAP 8月14日解散」の情報はデマやガセ情報なのか?本当のことなのか?

 

スポンサーリンク

 

ただ予兆がゼロではなかったにしても、仮にSMAPが本当に解散発表をするにしても、なぜ発表すると思われる8月14日の前日にこのような情報が流出したのでしょうか?

情報流出元がわからないのでなんともいえませんが、考えられる可能性といえば関係者の誰かがリークしたということが有力です。

よっぽど口が軽い人だったのか、もしくは事前にリークすることで何かお金が発生するような何か裏工作のようなことがあったのか…。

ジャニーズ事務所は取り締まりが厳しいので、少なくとも事務所内の社員から情報が漏れたという線は考えられないと思います。

 

ちなみにTwitterで調べていたところ、大きく出回っていた情報として以下のようなものがありました。

 

 

最初に引用したツイートはアイドル評論家の方です。

芸能関係のマスコミ関係者も多いようで、このSMAP解散の件について「複数の関係者から連絡が来た」と述べています。

ただ引っかかるのは、その直前のツイートではSMAP解散発表の情報について「マジか?!」とツイートしているのです。つまり、この方は最初は知らなかったはず。

にもかかわらず、急に「関係者から連絡が来て確認済み」と述べているので、なんだか信頼性には欠けているような気がしてしまいます。

 

そして2番目に載せたツイートですが、こちらは一般の方が載せたもので、載っている画像を見てみると、SMAPの8月20日のテレビ出演情報が「収録中止」となっているというのです。

これは一見「やっぱり8月14日に解散発表をするから収録中止になったのか…」と落胆してしまいそうになりますが、ただ、これはあくまで20日分の放送分だけ中止となっているという可能性も捨てきれないと思います。

なので、こちらも信頼性が100%あるかといえば、そうではないと思うのです。

 

 

ということで、色々な情報が出回りすぎている上にどれも信頼性があるかといえば100%あるとは言い切れないので、8月14日にSMAPの今後の活動が全てがわかるかもしれないとしか言えないようです。

 

たしかにテレビ出演の機会は今年早々に起きた分裂騒動から大きく変わってしまったのは事実なので解散の可能性はゼロとは言い切れません。しかし、ようやく「SMAP×SMAP」の収録もいつもどおりになってきてテレビでSMAPを見ると安心感を覚えるような状況にきて、ここでまた急に「やっぱり解散します」っていうのもなんだか個人的に腑に落ちないんですよね…。

なので、個人的な希望としてはSMAP解散騒動はデマであってほしい!と思っています。

 

事務所との確執が今もどれだけあるのかはわかりませんが、SMAPが今後も解散することなくメンバー5人全員が笑顔でステージに立っている姿を見たい。ただ今はそれを願うばかりです。

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*