過保護のカホコが9月に続編SP決定!あらすじやキャストは?

スポンサーリンク

2017年7月から日テレで放送されていたドラマ『過保護のカホコ』が、なんと2018年9月19日にSP(スペシャルドラマ)として放送されることが発表されました!!大人気女優の高畑充希さんと超人気俳優の竹内涼真さんが出演する笑いあり感動ありのドラマは本当に面白かったので、スペシャルが放送されるのはとても嬉しいですよね。
そこで今回は、9月にスペシャルとして放送される『過保護のカホコ 2018 ラブ&ドリーム』のあらすじやキャストなど気になる詳細をまとめました!

 

『過保護のカホコ』ドラマ最終回のあらすじレビュー

 

過保護のカホコが9月に続編SP決定!あらすじやキャストは?

(出典:過保護のカホコ 公式サイト)

 

約1年ぶりに『過保護のカホコ』がスペシャルとして放送されるとのことで、リアルタイムで見ていた方は最終回のあらすじがどんな感じだったか忘れかけている方もいるのではないでしょうか?

なので、最終回がどんなストーリーだったかというあらすじを軽くネタバレを含みつつご紹介します。
見たくない!という方はこの部分を飛ばしてください!

 

 

 

カホコ(高畑充希)は、家族を失って辛い時こそ結婚すべきだという初(竹内涼真)の言葉に後押しされ、看病疲れで体調を崩しながらも結婚に反対する泉(黒木瞳)と正高(時任三郎)に、改めて結婚を認めてもらえるよう頑張ると宣言する。

 初代(三田佳子)を亡くして落ち込む福士(西岡德馬)を心配したカホコは並木家を訪ねるが、家の中に人の気配は無く、福士は電話で初代に会って来ると言い残す…。心配したカホコは、警官の衛(佐藤二朗)の力を借り、環(中島ひろ子)と節せつ(西尾まり)に聞いて福士が行きそうな場所を考えるが、思い当たるような場所は無く…。さらに、離婚したばかりの衛と環は気まずい雰囲気に。そんな時、騒ぎを聞きつけた泉が二人の思い出が詰まった場所は家しかないと断言。初の力も借りて祖父母の家の中を捜索したカホコは、庭の隅で泣きながら小さくなっている福士を見つける。初代を幸せにできなかったと自分を責める福士に、カホコは初代から聞いた福士との思い出を話し…。さらに、ギクシャクした衛と環に、カホコは初の力を借りて「過去を悔やんだり将来を不安に思うより、今の自分たちを信じて生きた方がいい」と説得。元気を取り戻し、家族写真を撮ろうとする福士だったが、カホコはまだイト(久保田紗友)がいないと話す。

 チェロを売り払おうとするイトを待ち伏せしたカホコと初は、チェロを奪って逃走。カホコは、自分がイトのチェロを買って、必要になったらイトにあげると話す。カホコのお節介ぶりに呆れるイトだが、カホコはどんなに嫌われても自分とイトの家族の糸は切れないのだと言う。初からも自分の好きなものから離れてはダメだと励まされたイトは、カホコからチェロを受け取る…。

 今度こそ泉に結婚の許しを貰いに行こうと話す初だったが、初を連れてカホコが向かったのは根本家。子供達のための施設を作る準備に追われながらも、借金の問題を解決できていない教子(濱田マリ)に、カホコは自分の貯金を使って借金を返し、保育士の資格を取ったら一緒に働かせて欲しいと話し、皆を驚かせる。さらに、カホコの結婚の話を聞いた正興(平泉成)と多枝(梅沢昌代)は結婚式をすべきだと張り切りだす。
 ついに家族の問題を解決し、泉と正高の許しを得に向かったカホコと初。一生切れない親子の縁で繋がった母親として、自分以上にカホコを幸せにできるのかと迫る泉に、初が返した答えは…。
 そして、結婚式当日。泉の同意を得られないまま、カホコと初の結婚式は始まろうとしていた。

 

 

カホコの母親である泉は結婚の同意をギリギリまでできずにいましたが、最後には自分の中に作っていた壁を自ら乗り越え、カホコの結婚を心から祝福します。

このカホコと泉がハグするシーンは本当に涙モノでした…。

 

 

SPドラマ『過保護のカホコ 2018 ラブ&ドリーム』のあらすじは?

 

SPドラマ『過保護のカホコ 2018 ラブ&ドリーム』のあらすじは?

 

『過保護のカホコ』最終回で無事結婚式を挙げることができたカホコと初ですが、9月にスペシャルとして放送される『過保護のカホコ 2018 ラブ&ドリーム』は、その後のストーリーが展開される続編になります。

そのスペシャル版の公開されている範囲のあらすじと見どころをご紹介します!

 

 

あれから1年。カホコは過保護からの脱却を目標に、仕事に家事にと奮闘する毎日を送っていた。保育士として親と一緒にいられない子供のために始めた『カホコハウス』で働き、家では家事一切を一人でこなす日々。相変わらず画家として成功できない初を応援しながら、バアバ亡き王国に君臨している…?と、思いきや、カホコはあらゆるトラブルを全て抱え込み、一人で空回りするばかり。

 『カホコハウス』の経営は苦しく、残業続き。家庭では家事一切を自分でやると言いながら、洗濯も料理も間に合わず、庭は荒れ放題。見かねた初に止められるも、ムリして開いたいとこのイト(久保田紗友)の誕生日会では、単身コンダクターへの道を探すために、ウィーンへ旅立つと言うイトとその母・節(西尾まり)が大げんか。子供欲しさに代理母出産を計画する叔母の環(中島ひろ子)が衛(佐藤二朗)と揉めはじめ、とパーティは大紛糾。

 一方、母・泉(黒木瞳)は一年経っても子供ができないカホコ夫婦に子作りを強要し、さらには未だ定職に就かない初に、「画家の夢を諦めろ!」とキレる。カホコの結婚後「カホコ・ロス」になった泉、正高(時任三郎)夫婦は、今では会話もほぼない。カホコの悩みは両親の離婚の危機にも及んでいく。

 そんな折り、カホコハウスに通う保の元へ、行方不明になっていた母・真美がやって来る。カホコの心配をよそに引き取られていく保。数日後、予想通り再び置き去りにされ、カホコを頼って来た保の将来を案じ、カホコは「保を引き取る」と言い出す。

 当然、「全部一人で抱え込むなんて、できるわけないだろ!」と初は猛反対。泉からの子作りのプレッシャーもあり、カホコと初夫婦の関係も微妙にズレ始める。「俺たち、結婚するの早すぎたのかもな」初の言葉に深く傷つくカホコ。「こんなの初めて…。夢を諦めるなんて、卑怯だよ!」

 経営難のカホコハウス、親族のゴタゴタ、両親の離婚危機、そして、保のネグレクト問題を解決し、カホコは初との関係を修復できるのか!?

 

 

ということで、スペシャル版ドラマも相変わらず問題が積み重なってドタバタするストーリーのようですね。これはこれでカホコらしくて楽しみではあります!

カホコロスになった泉と正高がまさかの離婚の危機に陥ってしまうのはとても気になるところですが、こんな多くの問題をカホコがどんなふうに解決させていくか楽しみですね!

 

 

SPドラマ『過保護のカホコ 2018 ラブ&ドリーム』のキャストは?相関図一覧

 

スポンサーリンク

 

上記のあらすじでほぼキャストがわかる状態にはなっていますが、今回は去年のドラマ版『過保護のカホコ』で出演しなかったスペシャルゲスト俳優さんたちも出演します!

まずは、過保護のカホコで出演した俳優さんたちとそれぞれのキャラクターの相関図を見ていきましょう。

 

 

SPドラマ『過保護のカホコ 2018 ラブ&ドリーム』のキャストは?相関図一覧

 

去年のドラマ版でカホコの周りに深く関わっていた俳優陣はほぼ全員引き続き出演しますが、今回は新たに開いた『カホコハウス』でゲストが出演します。

それが、保役の横山歩さんと母親の真美役の映美くららさんです。

この親子には色々問題があり、ネグレクト問題を抱えているとのことですが、そんな複雑な問題を抱えた親子の問題にカホコはどのように立ち向かっていくのでしょうか…?!

 

一つ一つの問題がかなり深刻なのでどういった展開になるのか予想できませんが、9月19日に放送されるスペシャルドラマ『過保護のカホコ 2018 ラブ&ドリーム』の放送当日を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*