実写版『美女と野獣』あらすじとアニメ版との違いを比較!感想・レビュー付き

スポンサーリンク

2017年4月21日から公開されたディズニー実写映画『美女と野獣』、早速観に行ってきました!エマ・ワトソン主演での実写化が発表された頃からずっと楽しみにしていた映画だったので、ようやく観れて本当に感激でした!
アニメ版は既に何度も観たことがあるのですが、実写版はやはりアニメ版と要所要所で違いや、実写版のみ追加で語られる部分などもあってとても新鮮でした。
そこで今回は、映画『美女と野獣』の実写版とアニメ版の違いを大きく3つに分けてご紹介します!それぞれの項目で実写版とアニメ版の描写を比較しつつ感想・レビューも書いていきますが、物語の核心に迫るほどのネタバレは避ける方向でいきますので、これから実写版を観るという方でも読めるようにします!

 

1. ガストンとル・フウの間柄について

 

ガストンとル・フウの間柄について

 

アニメ版を先に観た方にとっては、ガストンとル・フウのやり取りはかなり印象深いかと思います。

ひたすらル・フウがボケをかましてガストンに突っ込まれ殴られまくるやり取りが多いのでかなりコミカルに描かれていますよね。

 

でも実写版でのル・フウは、手下という役柄は変わっていないもののアニメ版ほどボケキャラではなく、ガストンを上手く盛り立てたり怒りっぽいガストンを上手くなだめたりと、手下というよりはサポート寄りな立場になっています。

アニメ版では散々殴られたりしていますが、たぶん実写版であれを再現すると暴力的なシーンが多いと批判を受けかねないので、そういった懸念からも立ち位置を変えたんでしょうね。

とはいえ、ル・フウならではの「憎めないキャラ」の雰囲気は健在ですよ!

 

 

2. 野獣に魔法をかけた魔女について

 

野獣に魔法をかけた魔女について

 

アニメ版でも実写版でも、野獣に魔法をかけた魔女については冒頭で語られます。

なぜ王子様が野獣にされてしまったのか、そして野獣が再び人間に戻る為にはどうすればいいかという場面が描かれるのですが、アニメ版で魔女が出てくるのは、最初のステンドグラス風の絵として紹介されるだけでそれ以降は一切登場しませんよね。

しかし実写版では、魔女がふとした場面で何度か登場するのです!

 

アニメ版だと、ただ野獣に呪いの魔法をかけるだけの嫌な魔女だな…と感じるだけで終わってしまいますよね。でも実写版での魔女は、アニメ版で感じていた悪い印象とは大きく異なります。

いつどんな場面で出てくるかはネタバレになってしまうので省きますが、きっとエンディングに突入した時にあっと驚くはずです!

 

 

3. ベルと野獣の母について

 

スポンサーリンク

 

アニメ版と実写版で特に大きく違うと思った点は、ベルと野獣の母について語られるという描写でした。

アニメ版では、ベルの母親についての描写も野獣の母親についての描写も一切語られていませんよね。

しかし実写版ではベル・野獣それぞれの母親について語られ、それが物語においてけっこう重要なポイントでもあります!

 

なぜベルは最初の村で父親と二人きりで暮らしているのか?

なぜ野獣は性格が歪んでしまったのか?

そういったアニメ版では語られていなかった謎が実写版では語られているのです!

 

いかがでしたか?

他にもアニメ版と実写版で異なる点は細かく言えばもう少しありますが、上記の3つが特に違うと思った点です。

よく「アニメ原作の実写化」というとネガティブな感想が目立ってしまいますが、今回実写版『美女と野獣』を観て思ったのは、「えっ、アニメ版と違うじゃん…」というネガティブな感想ではなく、実写版だからこそ語られると深みが出るような良い変更点が加えられて個人的にはとても良かったと思います!

アニメ版の良い要素を引き継ぎつつ新たなエピソードも語られている実写版『美女と野獣』は、観る価値十分にありなので、気になっている方はぜひ映画館に足を運んで観てください!


SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*