【Silent Siren】すぅの使用ギターや機材一覧!演奏は上手い?【動画】

スポンサーリンク

中・高・大学生の男女など、特に10代の若者たちから絶大な人気を誇っているガールズバンド、SILENT SIREN(サイレント・サイレン /通称:サイサイ)。吉田菫 (すぅ/Vo.Gt)、梅村妃奈子 (ひなんちゅ/Dr)、山内あいな (あいにゃん/Ba)、黒坂優香子 (ゆかるん/Key)からなる4人組バンドですが、その中でも特に”すぅ”という愛称で親しまれているボーカル・ギターの吉田菫(よしだすみれ)さんは甘いようで切ない歌声が特に印象的で人気が高いですよね!すぅさんはこれまで様々な種類のギターや機材を使用していますが、どんなメーカーの機材を使っているのでしょうか?その一覧を画像と共にご紹介します!そして一時期は「演奏はエアーでしょ?」とまで噂されたりしていましたが、すぅさんのギター演奏は上手いのでしょうか?動画も交えてご紹介します!

 

SILENT SIRENはなぜこんなに人気なのか?

 

Silent Sirenはなぜこんなに人気なのか?

出典:SILENT SIREN Ofiicial website

 

若い男女たちから絶大な人気を誇っているSILENT SIREN(以下:サイサイ)は、なぜこんなに人気があるのでしょうか?その理由は、単に「見た目がかわいい!」からというだけではありません。

メンバー全員が女性ファッション誌の読者モデルで編成されただけに、容姿もかなり整っていることや女子力もとても高いので男子からも女子からも「かわいい!」と親しまれるのはたしかに納得ですよね。ですが、彼女たちの届ける楽曲にもその人気の秘密が隠されているのです。

 

サイサイの曲は、ボーカル・ギターの吉田菫(以下:すぅ)さんが作曲・作詞を担当していて、ほとんどの曲の歌詞はすぅさんが作詞しています。

曲や歌詞もちょうど学生時代の淡い恋心を代弁するかのようなものや、元気が出ない時に聴くとそっと背中を押してくれるような応援ソング的な曲も多いので、そういった楽曲の幅の広さも人気の理由だと思います。

 

サイサイは2016年12月30日、東京体育館にて開催したワンマンライブ「Silent Siren2016年末スペシャルライブ Dream on!」で、バンド名の変更(Silent Siren→SILENT SIREN)と所属レーベル(EMI Records)の移籍を発表し、今後さらに勢いがついて注目度をどんどん高めていくバンドです!

 

 

【画像】Silent Sirenすぅの使用ギターや使用機材一覧!

 

【Silent Siren】すぅの使用ギターや機材一覧!演奏は上手い?【動画】

 

ボーカル・ギターのすぅさんは、これまでライブやPVなどで様々な種類のギターを使用してきましたが、特にギターを弾いている人やサイサイに憧れてバンドを組もうとしている人たちにとっては、メーカーが気になりますよね。

そこで、すぅさんがこれまでに使用しているギターを、分かりやすくシングル別にでご紹介します!

 

 

Silent Siren すぅ使用ギター

 

① Fender American Deluxe Telecaster Red

こちらはファーストシングル『Sweet Pop!』で使用していたギターです。フェンダーのテレキャスターはセッティングと弾き方次第で表現できる音の幅が非常に広くなるのでかなり多才なギターです!

 

② ESP オーダーメイドギター

こちらは2枚目のシングル『stella☆』などで使用していたギターですが、こちらはESPというメーカーのオーダーメイドギターです。そのため全く同じモデルを使いたいのなら、かなり値は張るでしょう…。レスポールタイプなので、音はテレキャスターやストラトなどと比べると重圧な音が出ます。

 

③ Fender Telecaster White

こちらは3枚目のシングル『ビーサン』や4枚目のシングル『I×U』で使用していたギターです。フェンダーのテレキャスターというのはわかるものの、どのモデルかまでは特定できませんでした…ですが①のテレキャスターとは違いネックの素材がメイプルなのでよりクリアーな音が出せるはずです!

 

 

Silent Siren すぅ使用ギター

 

④ Fender American Deluxe Telecaster Thinline

こちらは5枚目のシングル『ラッキーガール』や6枚目のシングル『BANG!BANG!BANG!』で使用していたギターです。使ったことはないので細かくはわかりませんが、テレキャスターよりも厚みのある音が出るということなので、レスポール要素がプラスされたギターなのでは…?と思います。

 

⑤ Fender Classic Player Jazzmaster

こちらは7枚目のシングル『恋い雪』や8枚目のシングル『KAKUMEI』、9枚目のシングル『ハピマリ』、10枚目のシングル『八月の夜』、11枚目のシングル『alarm』、そしてアルバム「サイレントサイレン」内の『女子校戦争』など、おそらく最も多くの楽曲で使用しているギターです。今は様々なジャンルで使われているのであまり差が分かりにくいかと思いますが、名前に「Jazz」とあるとおり、ストラトやテレキャスよりもジャズに最も合うように作られたギターです。ストラトやテレキャスは高音域が出るジャキジャキした音になりますが、ジャズマスターはもっと太くて甘い音が出ます。

 

⑥ Fender American Vintage 65 Jazzmaster

こちらは4枚目のアルバム「S」内の『チェリボム』で使用されたギターです。こちらも細かい音の違いはありますが、基本的には⑤のジャズマスターと同じようなタイプのギターだと思ってくれて問題ないかと思います。

 

 

Silent Siren すぅ使用ギター

 

⑦ Fender American Deluxe Telecaster

こちらは12枚目のシングル『フジヤマディスコ』で使用されたギターです。しばらくはジャズマスターを多用していたものの、巡り巡って①のテレキャスタータイプに戻ってきた!という感じでしょう。

 

いかがですか?こうして一覧として見てみると、すぅさんはフェンダー社のギターが好きで、その中でも特にテレキャスターやジャズマスターを愛用しているということがよく分かるかと思います。

なので、すぅさんのようなギターが使いたい!という方はぜひフェンダーのテレキャスターやジャズマスターを使ってみてください♪

 

 

【動画】Silent Sirenすぅのギター演奏は上手いのか?

 

スポンサーリンク

ライブでは安定感のある演奏を見せているSILENT SIREN・すぅさんですが、一部では「演奏はエアーなんじゃないか?!」と噂されることもあるそうです。

しかし、すぅさんは中学2年生の頃からギターをはじめ、高校1年生の頃からバンド活動をしています。つまり、それだけ長いギター・バンド経験があるので演奏の安定感は十分にあるんですよね。

 

実際ライブ映像とかを見ていると、たしかに音源で録ったギター音を乗せているので一部エアー演奏な部分もあるとも言えてしまいますが、例えば2016年3月にアルバム「S」をリリースした際に新宿駅前でやっていたライブではミスした部分も音に出ていたので、ちゃんと弾いていたしライブとしては十分上手い演奏だと思います。

 

それ以外ですぅさんの演奏がはっきりと分かるのは、下の動画に貼ってあるカラオケ演奏です。こちらはライブ時とは違ってギターの音のみがはっきりと出ているので、すぅさんの演奏がよく分かるかと思います!

 

 

いかがですか?披露していた曲はサイサイの曲ではないのですが、動画を見て分かるとおり手元を見ずに演奏をしているしコードチェンジもスムーズなので決して下手ではなくむしろ安定感のある上手い演奏ができているのではないかと思います。

 

SILENT SIRENは5周年記念としてサイサイ史上最大規模の全国ツアー『新世界』を行います。ラスト東京での公演は11月13・14日に日本武道館で2連続でライブを行うので、ぜひ会場に足を運んでサイサイが放つ素敵な世界観に浸りたいですよね!

スポンサーリンク

↓この記事をSNSに拡散して友達に教えてあげましょう!↓


SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*